ルーマニア(国・地域)

新型コロナに対抗する投資家たち、ルーマニアの投資家へインタビュー(後編)

次の記事

新型コロナに対抗する投資家たち、ルーマニアの投資家へインタビュー(前編)

記録的な資金調達額と3つのユニコーンの出現で、2021年に向けルーマニアの見通しは極めて明るいと地元の投資家たちは考えている。TechCrunchは最近、8人のルーマニアの投資家に話を聞き、同国が技術系人材プール、ブロードバンドアクセス、安い生活費などによって、業界を超えたリモート優先型グローバル企業の時代に向けて着々と準備を整えていることを認識した。

長い実績のあるルーマニアのコンファレンスHow To Webが発表した最新レポートによると、2020年のルーマニアの活況を示す例として、58のスタートアップが合計3039万ユーロ(約38億5700万円)の資金を調達したという事実がある。この数字はまた、投資総額が前年比6%増、投資件数が同51%増という伸びを見せたことを示している。そして、この伸びの原動力となったのは、初めて資金調達を行う企業の急増だった。

主要産業は、サイバーセキュリティ、企業向けソフトウェア、フィンテックなどであり、ある投資家によれば、多くは「該当分野に関する深い専門知識を持つ超マニアックなチーム」だという。また、別の投資会社は、「当社はルーマニア人の創業者たちに注目している」と語る。しかし、近年は海外移住者が急増しているため、「彼らは世界中どこにでも居を構え起業できる」。

後編では、以下の投資家へのインタビューと回答を掲載する(前編はこちらから)。

Dan Mihaescu(ダン・ミハエスキュ)氏、GapMinder Ventures(ギャップマインダー・ベンチャーズ)創業パートナー

TC:通常、どのようなトレンドに投資するときが、一番ワクワクしますか。

フィンテックのML / オートメーション / AIによって実現されたB2Bプラットフォーム、SaaSエンタープライズソフトウェア、サイバーセキュリティ、ヘルスケアIT、少量コード開発環境、対話型テクノロジー、ロジスティクスオートメーション

TC:最近、一番エキサイティングだと感じた投資はどの案件ですか。

最新の投資は、2021年1月12日に発表したDruidAI(ドゥルイドエーアイ)ですね。当社が250万ドル(約2億6300万円)のラウンドをリードしました。

2020年のその他のエキサイティングな新規または追加投資案件は、TypingDNA(タイピングディーエヌエー)、Fintech OS(フィンテック・オーエス)、DeepStash(ディープスタッシュ)、Soleadify(ソリーディファイ)、Machinations(マシネーションズ)、Innoship(イノシップ)、Frisbo)(フリスボ)、Cartloop(カートループ)、XVision(エックスビジョン)です。

TC:次の投資を判断する際に、通常、どのようなことを検討しますか。

  • ステージ:シードまたはシリーズA
  • テクノロジー:MLまたはAIによって支援されたオートメーションまたは会話形テクノロジー
  • チーム:国際的拡大の実績が豊富
  • 製品:国際的拡張可能なB2B(主としてB2Bプラットフォームが対象)

TC:新しいスタートアップにとって、現時点で飽和状態にある分野、あるいは競争が難しい分野は何ですか。投資を検討する際に慎重になる、または懸念材料がある製品やサービスはありますか。

中東欧で生まれた米国型B2Cモデルは、最初は小規模なローカル市場に限定されますが、その後極めて活発な環境へと進化していきます。具体例として、ルーマニアの共有型経済企業があります。ユニットエコノミクスは、VC投資家としては単純に魅力に欠けていました。

TC:御社の投資全体の中で、地元のエコシステムへの投資が占める割合は、他のスタートアップハブ(または他の場所)への投資と比べて、50%を超えていますか。それとも、50%未満ですか。

70%以上

TC:現在のポートフォリオに含まれているかどうかに関わらず、御社の都市や地域で、長期的な繁栄に適していると思われる業種、または適していないと思われる業種は何ですか。どの企業に期待していますか。有望だと思う創業者は誰ですか。

当社が繁栄し続けると考えているモデル:オートメーション / 対話形式テクノロジー(ML / AIを使用)によって実現されたB2Bプラットフォームは、国際化という点でB2Cモデルよりも高い可能性を秘めています。

上記でいくつか言及した高い可能性を持ついくつかの分野。

GapMinderのポートフォリオに含まれるエキサイティングな企業:FintechOS、TypingDNA、DeepStash、DruidAI、Soleadify、Machinations、Innoship、Frisbo、Cartloop、SmartDreamers(スマートドリーマーズ)、XVisionなど

TC:他の都市の投資家は、御社が拠点とする都市の全体的な投資環境とチャンスについてどのように考えるべきでしょうか。

ルーマニア(ブカレスト、クルージュ、ティミショアラ、ブラショブ、オラデア、ヤシなどの都市)は、チャンスに溢れた市場です。優れたチーム、国際的な視点を持つスタートアップが生まれており、オートメーション向けの優れた環境があり、機械学習対応プロジェクトも動いています。
投資環境エコシステムは、プレシードラウンドからシリーズAまで、成熟度を増していますが、まだ過密状態にはなっていません。

全体として、米国およびルーマニア以外の欧州諸国のシリーズBおよび後期シリーズAの投資家にとって可能性のある環境だと思います。

TC:パンデミックや長引く先行きの不安によりスタートアップハブが人手不足に陥っていることに加え、リモートワークが注目されています。今後、大都市以外の地域で起業する創業者が急増すると予想していますか。

ハブには、教育プール、新製品をテストするための潜在的な顧客(B2Bまたは洗練度の高いB2C)、スタートアップの初期段階で重要なプレシードラウンドに参加する可能性のある投資家が集中しています。

より高度なスタートアップの場合は、ハイパーグロースが重要になります。そのために必要な、成長して国際化に対応する能力が、特定のハブの存在によって強化されます。言い換えると、ハブでは投資環境に必要なさまざまな複雑な要素がまとめて提供されています。ですから、ルーマニアでは、ハブの役割が弱まることはないと思います。

欧州や米国では、メインのハブが過密状態になっている、あるいは、チームにとって経費が高すぎる、といった点が議論されることがありますが、フェーズの進んだスタートアップがビジネスを拡大するチャンスを提供しているという意味で、ハブの存在は重要です。

TC:御社の投資先のうち、コロナ禍による消費者やビジネス行動の潜在的な変化への対応に苦慮すると予想される業界セグメントはありますか。また、そのような変化の影響を他より強く受けると思われる業界セグメントはどこですか。このような前例のない時代にスタートアップが活用できるチャンスとは何でしょうか。

国内外のユーザーの行動がロボットを必要とする方向へと移行しており、結果として次のようなニーズが高まると思います。

  • 人間のような感覚を持ち(自然言語を含め)会話的なやり取りができるツール
  • リモートの共同作業が可能でコーディング量が少ない開発ツール
  • 一刻も早くデジタルでのやり取りへの移行が求められる企業(小規模から大規模まで)が抱える全般的なニーズ

2020年には多くの消費者と企業が最優先事項に注力せざるを得なかったため、「あったら良い程度の」サービスや製品は二の次になっています。VCは、一部の一見面白そうなまがい物テックはいうまでもなく、ハイテク企業とテック対応企業をより明確に区別するようになりました。この変化によって多くの分野が影響を受けており、この傾向は定着すると思います。

TC:新型コロナウイルス感染症は投資戦略にどのような影響を与えましたか。投資先のスタートアップ創業者はどんな点を最も心配していますか。投資先に含まれるスタートアップにはどのようにアドバイスしますか。

先ほど説明した当社の戦略は、緊急度を増している企業のデジタル化の動きによって恩恵を受けている企業に注目したものです。2020年の当社のポートフォリオ企業の大半が2~3倍の成長を実現しています。

当社のポートフォリオ企業に対するアドバイスは以下に示すシンプルなものです。

  1. 資金がすべてだ。最低18カ月間のランウェイを確保すること。資金調達の機会があれば、真剣に検討すること。
  2. 顧客は最も重要なパートナー。顧客の声を聴くこと。
  3. チームは最も重要な資産。常に密接な連絡を取り、大胆な決断を行ったときにも面倒を見ること。
  4. すばやく行動すること。

もちろん上記以外にも、各チームと具体的に話し合いました。率直に言えば、2020年末にはあらゆる状況が回復しましたが、2020年前半は、当社ポートフォリオの創業者たちも厳しい状況に置かれました。一部の業界では意思決定の凍結に関して疑念が起こり、国際市場の実現で出張が必要になるときは常にストレスにさらされ、大企業内でもチーム間の連携が必要になりました。振り返ってみると、これは正常な状態だったと思います。厳しい状況でも優れた能力を実証してくれた、こうしたすばらしいチームとスタートアップを支援できることを嬉しく思います。

TC:御社の投資先のうちパンデミックに適応してきた企業では、収益の成長や維持、その他の機運に関して「回復の兆し」が見えてきたでしょうか。

はい。2020年の下半期、とりわけ第4四半期にはすでに回復の兆しを感じていました。

TC:この1カ月ほどの間に希望を感じた瞬間はありましたか。仕事上のことでも、個人的なことでも、あるいはその両方が関係していることでも構いません。

この6週間で新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まったことは、個人、社会、そして純粋にビジネス的な視点からも、間違いないく、非常に重要でポジティブな兆候です。GapMinderのチームは楽観的に構えています。

Alexandru Popescu(アレクサンドル・ポペスキュ)氏、Cleverage Venture Capital(クレバレッジ・インベストメント・キャピタル)マネージングパートナー

TC:通常、どのようなトレンドに投資するときが、一番ワクワクしますか。

ヘルステック

TC:最近、一番エキサイティングだと感じた投資はどの案件ですか。

Oncochain

TC:特定の業界で「こんなスタートアップがあったらいいのに」と考えることはありますか。現在、見過ごされていると感じるチャンスは何かありますか。次の投資を判断する際に、通常、どのようなことを検討しますか。

チーム、アイデア、トラクション

TC:御社の投資全体の中で、地元のエコシステムへの投資が占める割合は、他のスタートアップハブ(または他の場所)への投資と比べて、50%を超えていますか。それとも、50%未満ですか。

50%

TC:現在のポートフォリオに含まれているかどうかに関わらず、御社の都市や地域で、長期的な繁栄に適していると思われる業種、または適していないと思われる業種は何ですか。どの企業に期待していますか。有望だと思う創業者は誰ですか。

Sanopass(サノパス)、Oncochain(オンコチェーン)(この2社は当社ポートフォリオに含まれる)。フィンテック分野、特にFintech OS(フィンテック・オーエス)のTeodeor Blidarus(テオドア・ブリダルス)氏、Sergiu Negut(セルギウ・ネグー)氏。

TC:他の都市の投資家は、御社が拠点とする都市の全体的な投資環境とチャンスについてどのように考えるべきでしょうか。

極めてダイナミックだが初期段階

TC:パンデミックや長引く先行きの不安によりスタートアップハブが人手不足に陥っていることに加え、リモートワークが注目されています。今後、大都市以外の地域で起業する創業者が急増すると予想していますか。

そうは思いません。

TC:御社の投資先のうち、コロナ禍による消費者やビジネス行動の潜在的な変化への対応に苦慮すると予想される業界セグメントはありますか。また、そのような変化の影響を他より強く受けると思われる業界セグメントはどこですか。このような前例のない時代にスタートアップが活用できるチャンスとは何でしょうか。

遠隔医療 – チャンスがある、歯科医療 – 対応に苦慮している

TC:新型コロナウイルス感染症は投資戦略にどのような影響を与えましたか。投資先のスタートアップ創業者はどんな点を最も心配していますか。投資先に含まれるスタートアップにはどのようにアドバイスしますか。

新型コロナウイルスによる影響はありません。最大の懸念事項は、チームの成熟度と新しいアイデアを迅速に吸収するマーケットの能力です。投資先には、「ノウハウを見つけてできる限り早く成長するよう努力するように」とアドバイスします。

TC:御社の投資先のうちパンデミックに適応してきた企業では、収益の成長や維持、その他の機運に関して「回復の兆し」が見えてきたでしょうか。

明らかな「回復の兆し」が見えます。

TC:この1カ月ほどの間に希望を感じた瞬間はありましたか。仕事上のことでも、個人的なことでも、あるいはその両方が関係していることでも構いません。

当社投資先の1社の評価額がわずか数カ月後に急騰したこと

Theodor Genoiu(セオドア・ジェノイウ)氏、Roca X(ロケックス)アソシエイト

TC:通常、どのようなトレンドに投資するときが、一番ワクワクしますか。

教育テック、エネルギー、ディープテック

TC:新しいスタートアップにとって、現時点で飽和状態にある分野、あるいは競争が難しい分野は何ですか。投資を検討する際に慎重になる、または懸念材料がある製品やサービスはありますか。

eコマースマーケットプレイス、一部のサービス領域、モビリティ

TC:御社の投資全体の中で、地元のエコシステムへの投資が占める割合は、他のスタートアップハブ(または他の場所)への投資と比べて、50%を超えていますか。それとも、50%未満ですか。

当社の運用資産の40%をルーマニアに分配することを目指しています。

TC:現在のポートフォリオに含まれているかどうかに関わらず、御社の都市や地域で、長期的な繁栄に適していると思われる業種、または適していないと思われる業種は何ですか。どの企業に期待していますか。有望だと思う創業者は誰ですか。

見通しがポジティブな業界 – エデュテック、メディテック、フィンテック、ロジスティクス
エキサイティングな企業 – Fintech OS(フィンテック・オーエス)、Medicai(メディケイ)、Kinderpedia(キンダーペディア)、iFactor(アイファクター)など
見通しがネガティブな業界 – マーケットプレイス、ディープテック、ゲーミング(人材ではなく資金調達面で)、広告

TC:他の都市の投資家は、御社が拠点とする都市の全体的な投資環境とチャンスについてどのように考えるべきでしょうか。

大規模な技術系人材プールはあるものの、真の企業家教育、経験、メンタリティーを必要としている成長中のエコシステムです。

TC:パンデミックや長引く先行きの不安によりスタートアップハブが人手不足に陥っていることに加え、リモートワークが注目されています。今後、大都市以外の地域で起業する創業者が急増すると予想していますか。

どちらともいえません。より確立されたエコシステムでは、主要都市以外の場所から創業者が押し寄せてくるかもしれませんし、リモートワークが始まったことがスタートアップにとって大きな追い風になるでしょう。ただし、有能な技術系の人材を雇用するのはますます難しくなるでしょう。

TC:新型コロナウイルス感染症は投資戦略にどのような影響を与えましたか。投資先のスタートアップ創業者はどんな点を最も心配していますか。投資先に含まれるスタートアップにはどのようにアドバイスしますか。

当社の投資戦略は変わりません。当社のポートフォリオに含まれる創業者たちによくある懸念事項は、新しい創業者パートナーを惹き付けること、一部のターゲット市場で将来を予測できないこと、特定の分野で人材を雇用するのが難しいことです。ケースバイケースですからすべてのスタートアップに対する全般的なアドバイスというものはありません。方針を転換するようアドバイスすることもありますし、大規模な顧客ベースに対してコンバージョン率を上げる努力をするように促すこともあります。あるいは、別の場所で起業するように助言することもあります。

TC:御社の投資先のうちパンデミックに適応してきた企業では、収益の成長や維持、その他の機運に関して「回復の兆し」が見えてきたでしょうか。

はい、そう思います。

TC:この1カ月ほどの間に希望を感じた瞬間はありましたか。仕事上のことでも、個人的なことでも、あるいはその両方が関係していることでも構いません。

新しいテクノロジーを採用するオープンな姿勢と、教育などのよく知られた保守的な業界で新しい試みが行われていることです。

Matei Dumitrescu(マテイ・ドミトリスク)氏、Impact Capital(インパクト・キャピタル)創業パートナー

TC:通常、どのようなトレンドに投資するときが、一番ワクワクしますか。

インパクト、ヘルスケア、エネルギー

TC:最近、一番エキサイティングだと感じた投資はどの案件ですか。

Factor(アイファクター)、Ringhel(リンゲル)、Sanopass(サノパス)

TC:特定の業界で「こんなスタートアップがあったらいいのに」と考えることはありますか。現在、見過ごされていると感じるチャンスは何かありますか。

はい、インパクトスタートアップを見てみたいと思います。

TC:次の投資を判断する際に、通常、どのようなことを検討しますか。

インパクト、イノベーション、スケーラビリティ

TC:新しいスタートアップにとって、現時点で飽和状態にある分野、あるいは競争が難しい分野は何ですか。投資を検討する際に慎重になる、または懸念材料がある製品やサービスはありますか。

マーケティングコミュニケーション、eコミュニケーション、マーケットプレイス

TC:御社の投資全体の中で、地元のエコシステムへの投資が占める割合は、他のスタートアップハブ(または他の場所)への投資と比べて、50%を超えていますか。それとも、50%未満ですか。

ほぼ100%、グローバルな視野を持つ地元のスタートアップに投資しています。

TC:現在のポートフォリオに含まれているかどうかに関わらず、御社の都市や地域で、長期的な繁栄に適していると思われる業種、または適していないと思われる業種は何ですか。どの企業に期待していますか。有望だと思う創業者は誰ですか。

テック企業とeヘルスケアです。Medicaiとその創業者Mircea Popa(ミルセア・ポパ)氏には大きな可能性があると思います。

TC:他の都市の投資家は、御社が拠点とする都市の全体的な投資環境とチャンスについてどのように考えるべきでしょうか。

ブカレストは好景気でマーケットは拡大しています。VCも成長しており、新しいイニシアチブの数も急増しています。

TC:パンデミックや長引く先行きの不安によりスタートアップハブが人手不足に陥っていることに加え、リモートワークが注目されています。今後、大都市以外の地域で起業する創業者が急増すると予想していますか。

そうは思いませんが、リモートワークは可能だと思います。

TC:御社の投資先のうち、コロナ禍による消費者やビジネス行動の潜在的な変化への対応に苦慮すると予想される業界セグメントはありますか。また、そのような変化の影響を他より強く受けると思われる業界セグメントはどこですか。このような前例のない時代にスタートアップが活用できるチャンスとは何でしょうか。

当社はe教育とeヘルスケアの分野に投資する機会がありました。ただし、共有型経済は問題に直面していました。

TC:新型コロナウイルス感染症は投資戦略にどのような影響を与えましたか。投資先のスタートアップ創業者はどんな点を最も心配していますか。投資先に含まれるスタートアップにはどのようにアドバイスしますか。

当社のスタートアップはすでに敏捷性が高く、リモートワークに対応しており、デジタルチャネルを介してデジタル製品またはサービスを販売していました。

TC:御社の投資先のうちパンデミックに適応してきた企業では、収益の成長や維持、その他の機運に関して「回復の兆し」が見えてきたでしょうか。

はい、そう思います。

TC:この1カ月ほどの間に希望を感じた瞬間はありましたか。仕事上のことでも、個人的なことでも、あるいはその両方が関係していることでも構いません。

そのような瞬間はありませんでした。

TC:TechCrunchの読者のみなさんに何か伝えたいことはありますか。

当社はインパクト投資を行っています。インパクトは価値をもたらすからです。人々は価値に対して代価を支払っているのです。

関連記事
新型コロナに対抗する投資家たち、アイルランドの投資家へインタビュー(前編)
新型コロナに対抗する投資家たち、アイルランドの投資家へインタビュー(後編)

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:インタビュールーマニアヨーロッパ

画像クレジット:frankpeters / Getty Images under a license.

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Dragonfly)