アプリ監視プラットフォームのSentryが約63億円調達、評価額は約1057億円を超えユニコーンに

次の記事

ソーシャルオーディオアプリClubhouseが800万ダウンロード超え、2021年2月前半に急増

アプリケーションパフォーマンスモニターを開発するスタートアップのSentryは米国時間2月18日、シリーズDで6000万ドル(約63億4000万円)を調達し、資金調達後の評価額が10億ドル(約1057億円)のユニコーンの地位に到達したと発表した。今回のラウンドをリードしたのはリターン投資家のAccelとNew Enterprise Associatesで、Bondも投資に参加した。

Accelは2015年にSentryのシード資金調達を主導し、それ以来各ラウンドに投資してきた。同社は6万8000の組織にサービスを提供し、これまでに合計1億2700万ドル(約134億2000万円)を調達している。クライアントにはDisney(ディズニー)、Cloudflare(クラウドフレア)、Peloton、Slack(スラック)、Eventbrite、Supercell(スーパーセル)、Rockstar Games(ロックスター・ゲームス)などがある。

Sentryのソフトウェアはアプリに潜在的な問題がないかどうかを監視し、サービス停止やダウンタイム、ユーザーの不満を招く前に開発者がバグを発見するのを助ける。シリーズDの資金はより多くの言語やフレームワークのサポートの追加、サンフランシスコ、トロント、ウィーンのオフィスでの雇用など、製品開発に使用される。

Sentryの製品は幅広い分野で使用されているが、ゲームやストリーミングメディアでは継続的な成長が見られ、金融、商業、ヘルスケアを含むインフラとサービスのデジタル化が進む業界で新たな需要が見込まれる。

2020年7月、SentryはPythonとJavascriptのフロントエンド監視ソフトウェアのローンチを発表した。当時、同社のMilin Desai(ミリン・デサイ)CEOはTechCrunchに対して、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行によって仕事、教育、eコマースアプリの利用が増加したため、あらゆる分野の顧客がプラットフォームに大きく依存していると語った。

AccelのパートナーであるDan Levine(ダン・レヴィン)氏はプレスリリースで、「ほぼすべての企業がデジタルファーストの働き方や顧客とのやり取りを行うようになったことで、アプリケーションの健全性はビジネスクリティカルなイニシアティブとなり、Sentryは爆発的な成長を遂げる準備が整っています」と述べた。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Sentry資金調達ユニコーン

画像クレジット:Sentry

原文へ

(文:Catherine Shu、翻訳:塚本直樹 / Twitter