LBV(企業)

SaaSアカウントや請求情報を一元管理可能な「NiceCloud」を運営するLBVが約1億円を調達

次の記事

独自の金属3Dプリント技術で鋳型や金型の作成を支援するMantleがステルスモードを脱し約13.8億円調達

SaaSアカウントや請求情報を一元管理可能な「NiceCloud」を運営するLBVが約1億円を調達

企業のSaaSアカウントや請求情報を一元管理できるSaaS管理プラットフォーム「NiceCloud」を運営するLBVは2月25日、Coral Capital、ANOBAKA、個人投資家および金融機関から、総額約1億円の資金調達を発表した。

調達した資金により、開発体制を強化すると共にSaaS提供事業者との提携を進める。NiceCloudは、2021年3月にクローズドα版公開、また機能を強化した上で2021年夏にβ版をリリースすることを予定している。β版リリースに先駆け、上場企業やスタートアップを含む数十社が事前登録を行っているという。

近年DXによるデジタル化が進む中で、企業によるSaaS(Software as a Service)の利用、またSaaS提供事業者が増え続けており、SaaS国内市場規模は2024年には1兆円を超えるとも予測されている。

そのような中、1社あたりのSaaSの利用数が5~10を超える企業では、どの従業員がどのSaaSを利用しているかわからない、アカウントの発行や削除が面倒といった課題が発生してるそうだ。

LBVは、これらSaaSアカウント管理の課題を解決するためにNiceCloudを開発。NiceCloudは、企業が導入する各SaaSアカウントを一元管理し、どの従業員がどのSaaSを利用しているか、どれくらいの料金を支払っているかをダッシュボード上で把握でき、アカウントの発行・削除などの面倒な業務を自動化するとしている。

関連記事
アイデンティティ管理のSailPointがSaaS管理スタートアップIntelloを買収
SaaS購入・管理支援スタートアップのCledaraが約3.5億円の追加資金を調達
SaaS管理サービスのBlissfullyが中企業向けの総合的なITサービスに事業拡大
各種SaaSのアカウント管理・権限設定を自動化する「YESOD」のイエソドが2億円を調達

カテゴリー:ネットサービス
タグ:LBV(企業)SaaS(用語)資金調達(用語)日本(国・地域)