パブリック / ダイバーシティ
日本(国・地域)
総務省(組織)
KDDI(企業)
NTTドコモ(企業)

NTTドコモとKDDIが解約手続きページに「noindex」タグを挿入、検索で非表示にしていたと判明

次の記事

SPACへの資金殺到が続く中「市場はいつまで資金を吸収できるのか」との疑問の声高まる

  1. NTTドコモとKDDIが解約ページに「noindex」タグを挿入、検索で非表示にしていたと判明

総務省は2月26日、NTTドコモとKDDIが解約ページのHTMLに「noindexタグ」を埋め込み、検索エンジンで検索した際に表示されないようにしていたと明かしました。

これは、モバイル市場の競争活性化をめざす総務省の「スイッチング円滑化タスクフォース」の事業者間会合で指摘されました。

なお、KDDIは昨年12月25日に、NTTドコモは今年1月20日に同タグを削除しました。ソフトバンクはもともと「noindex」タグを挿入していませんでした。

(Source:総務省Engadget日本版より転載)

関連記事
総務省が携帯大手3社に接続料の引き下げ要請
オープンソースによる総務省「住民記録システム標準仕様書」準拠のシステム開発が開始
総務省による第二期政府共通プラットフォームがAWS上で運用開始、行政サービスのDX加速

カテゴリー:パブリック / ダイバーシティ
タグ:NTTドコモ(企業)KDDI(企業)総務省(組織)日本(国・地域)