EdTech
Doubtnut(企業)
資金調達(用語)
インド(国・地域)

短い動画で数学や科学を学ぶインドのエドテックスタートアップDoubtnutが約33億円調達

次の記事

米国が1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナワクチン緊急承認、通常の冷蔵庫で保管可能

Doubtnut(ダウトナット)は、生徒が短いビデオを使って数学や科学の概念を学び、習得するのを支援するインドのスタートアップ企業だ。同社はインド最大のEdTech(教育テクノロジー)企業であるByju’s(バイジュース)からの買収オファーを断った数カ月後、新たな資金調達ラウンドで3100万ドル(約33億円)を調達した。

インドのグルグラムに本社を置くDoubtnutは、3年前に設立された。同社の発表によると、今回の3100万ドルを調達したシリーズBラウンドは、SIGとJames Murdoch(ジェームズ・マードック)が設立した投資会社のLupa Systems(ルパ・システムズ)が主導したとのこと。既存の投資家であるSequoia Capital India(セコイア・キャピタル・インディア)、Omidyar Network India(オミダイア・ネットワーク・インディア)、Waterbridge Ventures(ウォーター・ブリッジ・ネットワーク)もこのラウンドに参加しており、同社のこれまでの資金調達額は約5000万ドル(約53億3000万円)となった。

Doubtnutのアプリでは生徒が問題となる写真を撮り、機械学習と画像認識を使用して、短い動画で答えを得ることができる。この動画は、生徒に問題の解くための指示を、ステップ・バイ・ステップで提供する。

このアプリは複数の言語に対応しており、Doubtnutによると、これまで獲得した250万人以上のデイリーアクティブユーザーが、合計で月に6億分をアプリに費やしているという。ユーザーの半数以上は、過去12カ月間に初めてインターネットに接続するようになったと、同社では述べている。

Doubtnutは、第6学年(中学1年生)から高校生までの生徒を対象に、9つの言語で6500万問以上の問題を収録したバンクを開発したという。他のいくつかの人気のあるEdTech企業とは異なり、Doubtnutはそのアプリが、小さな町や都市の学生にも使用されていると述べている。「現在の顧客ベースは、85%がインドの上位15都市以外から来ています。また、60%のユーザーはステートボード学校の生徒であり、そこでは一般的に地元の言語で授業を受けています」と、同社は述べている。

TechCrunchは2020年、Byju’sが1億5000万ドル(約160億円)でDoubtnutを買収しようと交渉中であると報じたがその後、Byju’sは買収額を引き下げ、両社の交渉は終了した。

ジェームズ・マードック氏は先月、Uday Shankar(ウデイ・シャンカール)氏と再び組むことを発表した。シャンカール氏はインドでマードック家が、後にDisney(ディズニー)に買収されたStar(スター)の事業を起ち上げる際に、マードック氏を手伝った人物だ。シャンカール氏はマードック氏と協力して、インドにおけるLupaの取り組みを「加速させる」と、2021年1月にマードック氏は語っていた。Lupaはこれまで、インドでニュースアグリゲータやソーシャルアプリを展開しているDailyHunt(デイリーハント)をはじめ、十社前後のスタートアップを支援してきた。

「Doubtnutは、すべての生徒、特にインドの主要都市以外に住む生徒の学習成果を向上させるというビジョンを持って設立されました。私たちは地元言語によるコンテンツ開発を専門としており、テクノロジーを利用して、この大規模なターゲット層の人々のために、手頃な価格のソリューションを開発しています」と、Doubtnutの共同設立者で最高経営責任者(CEO)を務めるTanushree Nagori(タヌシュリー・ナゴリ)氏は述べている。

「SIGは世界的な教育技術企業に投資してきた経験が豊富で、Lupa Systemsは世界クラスのビジネスを構築し、インパクトの高い技術を活用してきた無類の経験を持っています」と、彼女は続けた。

このスタートアップ企業は、今回の資金を投入することで、より多くの言語サポートを追加し、現在カバーしている科目の範囲を拡大する予定だという。Doubtnutはまた有料コースの導入も計画している。

カテゴリー:EdTech
タグ:インド資金調達Doubtnut

画像クレジット:Sattish Bate / Hindustan Times / Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Hirokazu Kusakabe)