決済のSquareが「より機敏に動く」ことを目指して銀行を設立

次の記事

ハッカーがほぼ全モデルのiPhoneに有効な新しい脱獄ツールを公開

決済分野のイノベーションで知られるSquareが、正式に銀行になった。

1年前の2020年3月に条件つきの承認を得たSquareは、米国時間3月1日に同社の興業銀行であるSquare Financial Servicesの営業を開始したと発表した。Square Financial ServicesはFDIC(米連邦預金保険公社)とUtah Department of Financial Institutions(UDFI、ユタ州の金融機関局)の設立認可プロセスを完了し、営業を開始できることになった。

この銀行はユタ州ソルトレイクシティに本社を置き、事業資金融資と預金商品を提供する。まずはSquare Capitalの既存の融資商品に対する引受と事業資金融資のオリジネートから開始する。

これまでSquareはカードリーダーとPOS決済システムで知られ、小規模事業者に広く使われてきたが、近年では同社製品を利用する起業家や小規模事業者に対するクレジットの促進も始めていた。

Squareは今後、同社の銀行が「全米のSquare販売業者にとってメインの融資提供者」になるだろうと述べている。

SquareのCFO兼Square Financial Servicesの会長であるAmrita Ahuja(アムリタ・アフジャ)氏は発表の中で、銀行機能を社内に有することで「より機敏に動ける」ようになるだろうと述べた。

Square Financial Servicesは引き続き第三者の投資家に対して融資を販売しバランスシートのエクスポージャーを制限する。Squareは、銀行が2021年の連結バランスシート、売上高合計、売上総利益、調整後EBITDAに重大な影響を及ぼす見込みはないとしている。

同社は銀行を始めることで「Squareの独自性をさらに深め、融資やバンキングツールをこれまで十分にサービスを受けられなかった人々が利用できるようにしていく」と述べている。

Lewis Goodwin(ルイス・ゴールドウィン)氏が銀行のCEOに、Brandon Soto(ブランドン・ソト)氏がCFOになる。さらに以下の人事が発表された。

  • 最高リスク責任者:Sharad Bhasker(シャラド・バスカー)氏
  • 最高執行責任者:Samantha Ku(サマンサ・クー)氏
  • 最高クレジット責任者:Homam Maalouf(オマム・マアルーフ)氏
  • 最高コンプライアンス責任者:David Grodsky(デビッド・グロドスキー)氏
  • キャピタルマーケット&投資家リレーション担当:Jessica Jiang(ジェシカ・ジアン)氏

このところ、フィンテックが銀行になる傾向が見られる。TechCrunchは2021年2月にBrexが銀行の認可を申請したことを報じた。

BrexはEmigrant Bankが発行元となっているクレジットカードをスタートアップ向けにアレンジして販売している急成長中の企業で、同社はFDICとUDFIにBrex Bank設立の認可を申請したと発表した。

フィンテック企業やフィンテックサービスを提供する企業は、預金口座や小切手用の口座、クレジットなど通常は銀行が提供する商品を手がけてきた。こうした商品は、従来の金融機関から有利な条件で資金を調達することは難しくても自社をよく知る業者から事業構築のための融資を受けられる可能性がある企業に対して、資金を提供する設計になっていることが多い。自社をよく知る業者とは、例えばSquareだ。

カテゴリー:フィンテック
タグ:Square銀行

画像クレジット:Smith Collection/Gado / Getty Images

原文へ

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:Kaori Koyama)