閑魚(闲鱼) / シェンユー

フリマアプリ「メルカリ」がアリババ傘下のタオバオなどと連携し中国への越境販売を開始

次の記事

自律型ドローンメーカーのSkydioが約181億円を調達、ユニコーンの仲間入り

フリマアプリ「メルカリ」がアリババ傘下のタオバオなどと連携し中国への越境販売を開始
メルカリは3月1日、中国で最大のECプラットフォームを運営するアリババグループのCtoCマーケットプレイス「淘宝(タオバオ)」およびフリマアプリ「閑魚(シェンユー)」と連携し、中国における越境販売を開始しました。

「淘宝」または「閑魚」上で中国のユーザーが注文するとBUYEE公式アカウントが「メルカリ」上の商品を代理で購入し、検品・梱包後、中国のユーザーへ発送します。「メルカリ」の出品者は、これまで通りの配送方法と配送料での取引が可能です。

「淘宝」「閑魚」は、いずれもアリババグループが運営するECプラットフォームです。「淘宝」は中国最大級のCtoCマーケットプレイスであり、あらゆるカテゴリーの商品を網羅的に取り扱っています。「閑魚」は「淘宝」内の中古品取引用サービス「淘宝二手」を起源とし、現在は月間利用者数が9000万人を超える中国最大のフリマアプリです。

(Source:メルカリEngadget日本版より転載)

関連記事
スーパーボウルCMにメルカリ初出稿、GameStop騒動で注目が集まるRedditやRobinhoodなども
アリババクラウドが11年目で初めて黒字化、世界シェア3位に
メルカリ2Q決算、売上高260億円、3期連続の黒字
中国政府が決済事業の規制案を発表、AntとTencentによる寡占を抑制
創業者ジャック・マー氏が3カ月ぶりに姿を現しアリババ株が急上昇
中国政府によるAnt、アリババへの規制強化を受けて世界の投資家が中国ハイテク株から脱出中
中国政府がジャック・マー氏のフィンテック帝国Ant Groupの「修正」計画を発表
Antの超大型IPOが延期、中国当局がアリババ創業者から事情聴取

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Alibaba / アリババ(企業)閑魚(闲鱼) / シェンユー淘宝 / タオバオメルカリ / Mercari(企業)日本(国・地域)