ネットサービス
宗教(用語)
インド(国・地域)
Amazonプライムビデオ(製品・サービス)
Amazon / アマゾン(企業)

Amazonがドラマ番組を巡りインドで異例の謝罪

次の記事

Uberが配達ロボット事業を独立会社Serve Roboticsとしてスピンアウト

米国時間3月2日、Amazon(アマゾン)は同社のオリジナル政治ドラマの9回からなるミニシリーズでいくつかのシーンが一部のインドの人たちの宗教心を傷つけたという抗議について、同国ユーザーに異例の謝罪を行った。

Tandav」というそのドラマシリーズは、ヒンドゥー教の神と女神の描写を巡りインドの一部の人々(与党バラティヤジャナタ党員を含む)から批判を浴びた。

「Amazon Prime Video Apologizes(Amazonプライムビデオからのお詫び)」と題したそのメッセージでAmazonは「一部の場面で視聴者に不快感を与えたことを深くお詫びいたします」と謝罪し、視聴者から懸念について報告を受けた後、当該シーンを編集あるいは削除したと語った。

「当社は視聴者方の多様な信仰を尊重し、該当するシーンに傷つけられた方々には無条件にお詫びいたします。私たちのチームは会社のコンテンツ評価プロセスに沿って行動しており、視聴者へのサービス向上のためにこのプロセスの改訂に務めていく必要があることを認識しております。今後もパートナーとともにエンターテインメント性のあるコンテンツを開発しつつ、インドの法律に則り、視聴者の文化と信仰の多様性を尊重していく所存です」。

Saif Ali Khan(サイーフ・アリ・カーン)氏をはじめとするインドのトップ俳優陣が出演するこのドラマは、1月中旬の放映開始直後から議論と刑事告発を招いた。最近になってAmazon Prime Videoの上級幹部が当局の調査を受けたことで事態は激化した。

Prime Videoはインドで数百万人の会員を集め、DisneyのHotstarやNeftflix、Times InternetのMX Playerはじめ何十ものストリーミングサービスと競合している。Amazonはここ数カ月、インドにおいてPrime Videoを一層積極的に展開している。最近になってより低価格なサブスクリプションプランを導入し、クリケットの試合をストリーミングする権利を取得した。

同日のAmazonによる異例の謝罪は、インド政府がオンデマンドビデオストリーミングサービスおよびソーシャルメディアの会社に対する新たなルールを発表した数日後のことだった。

関連記事:インド政府がソーシャルメディアやストリーミングサービス企業に厳しい新規制を発表

これまでAmazon Prime Videoなどのストリーミングサービスは、インド国内でコンテンツ内容についてさほど心配する必要がなかった。しかし、新しいルールによってそれが変わりつつある。

「コンテンツのこのカテゴリー分類では、さまざまな種類の作品で起こりうるカースト、人種、性別、宗教、身体障害、性的指向などの事象が不快を与える可能性を考慮にいれ、分類の決定には与える影響の強さも勘案する」と新ルールは言っている。

TechCrunchが最近書いたように、政治的ドラマとインドのストリーミングサービスに対する新たなルールを巡る議論は、Amazonが65億ドル(約6940億円)以上を投入しているインド市場で直面してる課題のごく一部でしかない。

関連記事
進出から7年半で6775億円投じたインドでアマゾンは多くの問題に直面している
Amazonがインドのスモールビジネスのデジタル化促進のため約1100億円を投資

2021年2月、インドで数百万の実小売店舗を仕切っている有力業社団体が国からAmazonを排除するようインド政府に働きかけたReuters(ロイター)の調査によって、米国のeコマース団体がインドの小さな小売業者グループを優遇し、その結びつきの事実を曲げて伝えることで国内の海外投資ルールを回避したことが明るみに出たのを受けたものだ。

関連記事
全インド商業者連合がアマゾンの事業禁止を政府に要請
インドのNexflix幹部が「A Suitable Boy」のキスシーンで警察に告発される

カテゴリー:ネットサービス
タグ:AmazonAmazonプライムビデオインド宗教

画像クレジット:Amal KS / Hindustan Times / Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Nob Takahashi / facebook