ネットサービス
食材宅配 / フードデリバリー(用語)
資金調達(用語)
Instacart(企業・サービス)

買い物代行サービスのInstacartが283億円を調達、評価額は5カ月で2倍以上の4兆円超に

次の記事

顔交換も簡単にできる中国のマシン動画生成スタートアップSurrealが創業3カ月で資金調達

オンデマンド食料品配達プラットフォームのInstacart(インスタカート)は、Andreessen Horowitz、Sequoia Capital、D1 Capital Partnersなどを含む既存の投資家から2億6500万ドル(約283億円)の資金を調達した。過去数回のラウンドと同様、今回の新しい資金調達はアルファベットのシリーズ指定はされていない。同社の評価額は、これにより390億ドル(約4兆1600億円)に押し上げられた。それは、2020年10月に行われた最後の資金調達で同社が2億ドル(約213億円)を調達したときの、177億ドル(約1兆9000億円)の評価額の2倍以上になる。

投資家が同社の事業価値をこれだけ大幅に引き上げようと考えた背景には何があるのか?簡単に言えば、パンデミックだ。2020年、Instacartは6月に2億2500万ドル(約240億円)を獲得した後、続いて7月には1億ドル(約107億円)のラウンドを行い、それらを含む3回の資金調達を発表した。この矢継ぎ早なベンチャー資本の注入は、人々が隔離しようとしたり、一般的にスーパーのような人間の交通量の多い環境で費やす時間を減らそうと努力した中で、食料品の宅配サービスの需要が急増したため、成長を促そうとしたものと思われる。

このニュースを発表したブログ記事では、Instacartは2020年の間の利用率の成長率について具体的なことは書いていないが、2021年には人員を50%増やし、広告、マーケティング、企業努力を具体的にスケールアップして投資を続けていくという意思を表明している。

製品面では、Instacartは食料品から、処方薬、電子機器、ホームデコレーション、スポーツや運動器具などを含む幅広い製品の当日配達も含むようにその提供を拡大した。同社は、現在進行中の危機が雇用に与えた影響を考えると、当初多くの人々が予想していたのとは逆に、パンデミックの間に消費者支出が増加したという現象を利用しているわけだ。

InstacartのCEOであるNick Giovanni(ニック・ジョバンニ)氏は、同社はこれが買い物習慣の「ニューノーマル」になると予想していると述べている。同社の最近の資金調達の規模とペース、さらにはその膨らんだ評価額は、投資家たちも、この買い物トレンドがパンデミック後に元に戻るとは考えていないことを示唆している。

関連記事:買い物代行のInstacartが210億円を調達、バリュエーションは1.8兆円に

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Instacart資金調達フードデリバリー

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Nakazato)