ネットサービス
音楽ストリーミング(用語)
SoundCloud(企業)

SoundCloudがインディーズアーティストの収益モデルを変える「ファンによる」ロイヤリティを発表

次の記事

マイクロソフトがExcelの数式からヒントを得たオープンソースの新ローコード言語「Power Fx」発表

音楽ストリーミングのロイヤリティの仕組みが根本的に壊れていることは前からわかっていた。収益が物理媒体による音楽の売り上げから切り離されシフトしていく中、多くの独立系アーティストにとって、録音された音楽で生計を立てることはますます難しくなっている。しかし、パンデミックが方程式からライブ音楽を完全に奪い取ったことで、問題は一気に顕在化した。

一部のサービスは、この流れに逆らっている。非常に人気のあるBandcamp Fridaysはその顕著な例で、月に1日だけアーティストとレーベルにすべての収益を提供している。そして今、SoundCloudは、独立系クリエイターへの支払い方法を大幅に改革しようとしている。この動きは、人気音楽サブジャンルの名前にまでなった同サービスで音楽を公開しているミュージシャンにとっては、朗報になる可能性がある。

当サイトは来月初めから、新たな収益構造を導入します。Soundcloudは「Fan-powered(ファンによる)」ロイヤリティをこのように分類します。

「Fan-powered」ロイヤリティは、SoundCloudで直接マネタイズしているインディペンデントアーティストが、より公平で透明性の高い方法で支払いを受ける方法です。より多くのファンがSoundCloudを利用し、あなたの音楽を聴けば聴くほど、あなたはより多くの収入を得ることができます。

従来のモデルでは、あなたの熱心なファンからのお金は巨大なマネープールに入り、総ストリームのシェアに応じてアーティストに支払われていました。このモデルは、ほとんどの場合、メガスターに利益をもたらします。

新しい「fan-powered」ロイヤリティの下では、アーティストは自分のファンの実際のリスニング習慣に基づいて支払われる。熱心なファンが特定アーティストの音楽を聴いている時間が多いほど、アーティストはそれに応じてより多くの収入を得られる。このモデルは独立系アーティストにメリットがある。

このサービスは、一定のProアカウントを介して自分のページを収益化している独立系アーティストが利用可能だという。リスナーがサブスクリプションを持っているかどうか、他のアーティストと比較して特定のアーティストを聴いた量、聴いた広告など、最終的な支払い額には多くの要因がある(初回の支払いは2021年5月に実施される)。細則はこちらに掲載されている。

ミュージシャンは、過去1年の間パンデミックの影響により主要な収入源が断たれ、ストリーミング収入では生きていけないことをますます声高に訴えている。特にSpotify(スポティファイ)は、ミュージシャンに対し古い収益モデルを維持しながら、ポッドキャストの買収に数億ドルを費やしていることから、厳しい批判を浴びていた。

関連記事:SoundCloudに土壇場で救いの手――LjungはCEOから退く

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Soundcloud音楽ストリーミング

画像クレジット:Thomas Trutschel/Photothek / Getty Images(Image has been modified)

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Nakazato)