Volvoが2030年までにEVへ全面移行、販売もオンラインに

次の記事

東京メトロがデプスカメラとAIを用いた列車混雑計測システム活用し混雑情報をリアルタイム提供

Volvo Cars(ボルボ・カーズ)は、販売のオンライン移行を含む同社の広範なトランスフォーメーションの一環として、2030年までに生産・販売する車両をすべて電気タイプとすると明らかにした。

「持続可能性への鍵は電動化です」と同社のCEOであるHåkan Samuelsson(ホーカン・サミュエルソン)氏は現地時間3月2日のプレゼンテーションで述べた。「充電施設への投資とともに、とるべき正しい道であり、Volvoが選んだ道です」。

この発表は、同社のCMA車両プラットフォームをベースとした低床のクロスオーバーC40 Rechargeの立ち上げに際し行われた。C40はVolvoのEV(電気自動車)にフォーカスしたRechargeブランドで2つ目となるモデルである一方で、バッテリー式電動のみの車両としてまったくゼロからデザインされた初のモデルだ。完全電動とプラグインハイブリットパワートレインがあるすべてのVolvo車両はRechargeブランド下にある。XC40 Rechargeと同様、C40はGoogleのアンドロイドOSで動くインフォテイメントシステムを搭載し、無線ソフトウェアアップデートに対応する。

画像クレジット:Screenshot/Volvo

「初めてのクルマであり、未来のクルマでもあります」とCTOのHenrik Green(ヘンリック・グリーン)氏は述べ、C40が2つのモーター、78kWhバッテリーを搭載し、推定航続距離420kmはソフトウェアアップデートを通じて今後改善する、と付け加えた。C40の生産は2021年秋始まり、ベルギー・ヘントにある同社の製造プラントでXC40 Rechargeとともに組み立てられる、と話した。

中国の浙江吉利控股集団有限公司が所有するVolvoは世界販売の50%をEVに、残りをハイブリッドにすることを目指している。2030年までに販売車両はすべてEVになる、と同社は述べた。

サミュエルソン氏によると、欧州で2020年販売された車の3台に1台は充電できるプラグインハイブリッドのRechargeモデルで、Volvoは電動化の目標に向け順調だ。

同社の革命はパワートレインだけではない。

「将来の顧客への提案は電動自動車だけでは成り立ちません」とサミュエルソン氏は話した。「顧客に耳を傾ける必要があります。顧客は車を入手する際に透明性とシームレスなエクスペリエンスを期待しています」。

VolvoはEVをオンラインで原価販売する。顧客は車両を定期利用あるいは購入でき、顧客ケアパッケージが付いてくる。車両はまた、注文と納車の期間を短くするためにあらかじめ選ばれたコンフィギュレーションとなる。

Volvoの全電気自動車ブランドになるという動きはGM(ゼネラルモーターズ)やJaguar(ジャガー)を含む多くの自動車メーカーのものと同調している。GMは2021年3月、2035年までにEVのみの販売とするとし、2040年までに世界の事業をカーボンニュートラルにすると約束した。そして2020年11月には、今後5年で電気自動車の開発、自動化テクノロジーに270億ドル(約2兆8820億円)を注入すると発表している。この額はガス・ディーゼルへの投資を上回る35%増で、プロダクトのすばやいマーケット投入を狙っている。

関連記事
GMが2025年までに電気自動車開発に2.8兆円投資、「リーダーシップを失うつもりはない」
GMがEVへの本気度を示す新ロゴを発表、ウェブサイトも刷新

カテゴリー:モビリティ
タグ:Volvo CarsEV

画像クレジット:Screenshot/Volvo

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi