フィンテック
Fitbit(企業)
Suica(用語)
JR東日本 / 東日本旅客鉄道(企業)
Google / グーグル(企業)

ウェアラブル端末「Fitbit Charge 4」のSuica対応バージョンが3月4日発売

次の記事

プロの翻訳者に匹敵するAI翻訳サービスを提供するLengoo、新ラウンドで約21億円を獲得

ウェアラブル端末「Fitbit Charge 4」のSuica対応バージョンが3月4日発売

交通系電子マネーSuicaに対応するフィットビットのヘルス&フィットネストラッカー「Fitbit Charge 4」が3月4日に発売されます。Amazonにおける販売価格は税込1万9991円です。

Suica対応の「Fitbit Charge 4」では、Suicaの新規発行や Google Pay によるチャージのほか、残高や利用履歴の表示、払い戻しなどができ、電車やバス、お店での買い物などに利用できます。

再発行や機種変更による残高の引き継ぎ、JRE POINTによるチャージのほか、定期券やSuicaグリーン券の購入などはできません。年会費は無料で、Suicaの発行にかかるデポジットは不要です。

ウェアラブル端末「Fitbit Charge 4」のSuica対応バージョンが3月4日発売

「Fitbit Charge 4」で利用可能なSuica関連サービス

また、これまでに販売された「Fitbit Charge 4」ではSuicaが使えないそうです。

ちなみに腕時計のバンド部分にFeliCaや有機ELディスプレイなどを搭載した「wena 3」や、iPhoneとシームレスに連携できる「Apple Watch」などでもSuicaが使えます。

(Source:JR東日本(PDF)。Engadget日本版より転載)

関連記事
NASAが宇宙飛行士や従業員の新型コロナ感染予防にFitbitsデバイスを活用
JR東日本が「モバイルSuica」をAndroid版中心に3月21日リニューアル、PASMO併用可能に
グーグルが約2180億円でFitbit買収を完了と発表、ただし米司法省は審査継続中とコメント
EUがグーグルのFitbit買収を承認、健康データの広告利用を10年間禁止することで合意
ガーミンがSuica決済対応GPSスマートウォッチ「VENU SQ」発表、水中対応光学式心拍計も搭載
JR東日本がJRE MALLでのふるさと納税サービス開始やデジタル地域通貨の販売を発表
ソニーがSuica決済とAmazon Alexaに対応した新型スマートウォッチ「wena 3」発表
JR東日本スタートアップが2020年度のアクセラレーションプログラムの募集開始
JR東日本、紛失防止タグMAMORIOを本格導入 51駅にアンテナ設置

カテゴリー:フィンテック
タグ:Google / グーグル(企業)JR東日本 / 東日本旅客鉄道(企業)SuicaFitbit(企業)日本(国・地域)