ネットサービス
副業(用語)
マッチングサービス(用語)
Yahoo! Japan(製品・サービス)

Yahoo! JAPANが副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の先行登録受付を開始、5月に本格稼働へ

次の記事

医療費が節約できる筋骨格のカリキュラムを提示するSpineZoneが12.8億円調達

副業マッチングサービス開始へ

副業マッチングサービス開始へ

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は3月3日、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の先行登録受付を始めたと発表した。Yahoo! JAPANは自社への副業人材の受け入れに加え、ニーズが高まる副業を始めるきっかけ作りを進めていく狙い。実際に応募可能な状況になるのは、求人情報を掲載する5月上旬を予定している。ユーザーは先行登録を行うことで、5月上旬以降に「Yahoo!副業(ベータ版)」上で掲載の見通しが立った企業の情報を、随時メールで受け取ることができる。

「Yahoo!副業(ベータ版)」では、Yahoo! JAPANのほかにPayPayといったZホールディングスのグループ企業など、5月上旬から求人を掲載する企業を一覧で確認できるようにした。また、具体的な求人の業種などは明らかにしていないが、グループ企業外の求人情報の掲載も視野に入れているという。Yahoo! JAPANの広報は「企業やユーザーのニーズも含めて考慮していく」と話した。

また、ベータ版の段階では、求人情報を掲載する企業からマッチング報酬や広告掲載料は取らない方向で進めている。正式版のリリースに合わせてマッチング報酬や広告掲載料なども取っていく可能性を含めて動いているが、「現状、正式版のリリースの時期は決まっていない」というのがYahoo! JAPANの回答だ。5月上旬の求人情報掲載についてもベータ版で行うため、副業人材を求める側からすればいまが好機といえる。

Yahoo! JAPANは新型コロナウイルスの影響で、世の中で副業への関心が高まっているとみる。政府の調査によると、副業を行っている人の割合は2017年には4.0%だったが、2020年には9.7%となった。

実際、Yahoo! JAPAN自身も副業ニーズの高まりを肌で感じている。2020年7月に約100人の副業人材(ギグパートナー)の募集を発表すると、応募人数は4500人を超えた。また、同社がギグパートナーに就任した人を対象に行ったアンケートでは、回答者の85%がYahoo! JAPANでの副業にポジティブな回答をしたという。なお、今回の「Yahoo!副業(ベータ版)」とギグパートナー事業は別々のサービスとして展開していく。

先行登録のユーザー数は3万人ほどを想定している。先行登録したユーザーは事前に、求人情報が掲載される予定の企業情報をメールで受け取ることができる。5月上旬以降、実際に「Yahoo!副業(ベータ版)」上に求人情報が更新されたときにも通知が来るため、先行登録をしたユーザーはいち早く求人情報を確認できるようにしている。

関連記事:ZホールディングスとLINEが戦略方針説明会、AIに5年間で5000億円投資し4つの集中領域に取り組む

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Yahoo! Japanマッチングサービス副業