ポルシェが2台の電動アシスト自転車を発表、価格は約92万〜115万円

次の記事

紙の契約書と電子契約を一元管理できる「マネーフォワード クラウド契約」が5月開始

Porsche(ポルシェ)は、電動化の野望を2輪にまで広げようとしている。

このドイツの自動車メーカーは現地時間3月4日、電気自動車の新しい派生モデル「Taycan Cross Turismo(タイカンクロスツーリスモ)」の世界デビューと合わせて、2台の電動アシスト自転車を発表した。

この2台の自転車は、ポルシェが電動化の野望拡大に向けた第一歩として2019年に発表した同社初の電気自動車「Taycan(タイカン)」にインスパイアされていると同社はいう。

どちらもフルサスペンションのカーボンフレームを採用するなど、基本的な着想と構造は同じだが、2台の自転車の目的や客層は少しずつ異なる。

これらの自転車は、さまざまな専門メーカーの技術を合わせたものだ。eバイクのエキスパートであるRotwild(ロットワイルド)と共同で開発され、有名な自転車部品メーカーのShimano(シマノ)やMagura(マグラ)、Crankbrothers(クランクブラザーズ)などのコンポーネントが使用されている。これにポルシェの洗練されたデザイン性と高級感を加えることで、8500ドル(約91万7000円)から1万700ドル(約115万円)という高価なeバイクができ上がった。

ドイツのディーブルクで製造されるポルシェのeバイクは、米国では今春よりポルシェディーラーと一部の自転車専門店で販売される予定だ。フレームサイズは3種類が用意される。

ポルシェの電動アシスト自転車には2種類のモデルがあり「Porsche eBike Sport(ポルシェ eバイク スポーツ)」の米国における販売価格は1万700ドル(約115万円)。より 「安価」 な「Porsche eBike Cross(ポルシェ eバイク クロス)」は8549ドル(約92万3000円)となっている。

画像クレジット:Porsche

Porsche eBike Sportは、街中で日常的に乗るために設計された自転車だ。最大25km/hの速度までペダリングをアシストするシマノ製の新型EP8モーターと電動変速システムを搭載し、マグラ製の高性能ブレーキを装備する。さらにハンドルバーのステムとエアロダイナミックなシートポストには、Supernova(スーパーノヴァ)製のM99 LEDライトも組み込まれている。

マグラ製の倒立フロントフォークとFox(フォックス)製リアショックアブソーバーで構成された高性能なサスペンションが、スムーズに転がるタイヤと相まって、アスファルトの道路でも未舗装の路面でも、スポーティでバランスのとれた走りを提供する。

もう1台のPorsche eBike Crossは、もっと荒れた路面を走りたいライダーをターゲットにしている。シマノ製EP8モーターは共通だが、シフトはよりシンプルな機械式シマノXT 12速システムを採用し、大径耐熱ディスクローターを備えたマグラ製MT Trail油圧式ブレーキと、マウンテンバイク用タイヤを装備。さらに油圧でサドルの高さが変えられるCrankbrothers(クランクブラザーズ)製ドロッパーシートポストも備えている。

両モデルともハンドルバーにはシマノ製カラーディスプレイを搭載し、速度だけでなく走行距離やバッテリー残量による航続距離もリアルタイムで表示される。

カテゴリー:モビリティ
タグ:ポルシェ電動自転車

画像クレジット:Porsche

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Hirokazu Kusakabe)