紙の契約書と電子契約を一元管理できる「マネーフォワード クラウド契約」が5月開始

次の記事

TikTokがファンからの質問にクリエイターがテキストと動画で答える「TikTok Q&A」を正式公開

マネーフォワードは3月5日、電子契約サービス「マネーフォワード クラウド契約」を2021年5月に開始すると発表した。同サービスにより、紙の契約と電子契約の一元管理を可能にし、契約業務の効率化を実現する。なお同サービスは、中堅企業向けバックオフィス統合ソリューション「マネーフォワード クラウドERP」のサービスラインナップに加わる。

マネーフォワード クラウド契約は、契約のワークフロー申請から契約締結・保管をクラウド管理できる電子契約サービス。紙の契約書を発行する際に必要な印刷・製本・押印・郵送などの手間や時間、コストを削減できるという。紙の契約と電子契約の一元管理が可能で、契約管理の業務効率化を実現する。

紙の契約書と電子契約を一元管理できる「マネーフォワード クラウド契約」が5月開始

  • ワークフロー申請から契約締結、保管までオンラインで完結
  • 電子契約で印刷や郵送、印紙代などのコストを削減
  • 紙の契約と電子契約を一元管理
  • クラウド上で契約書の検索ができ、閲覧権限も設定可能
  • 契約の更新・終了を知らせるアラート機能(2021年リリース予定。5月時点ではリリースされない)

マネーフォワードによると、同サービスと「マネーフォワード クラウド」の各種サービスを連携させることで、契約締結から債権・債務の発生、会計処理までを一気通貫で管理できるようになるという。同サービスの開始により、今後は、経理財務・人事労務に加えて法務領域も含めたバックオフィス全体の課題解決を目指すとしている。

また、これまで多くの中堅企業が利用しているオンプレミス型ERPのイメージを一新するという。オンプレミス型ERPの多くは、会計財務や人事労務領域の業務を中心とした機能を提供しているが、同社は法務分野も含めたクラウド型ERPとして「マネーフォワード クラウドERP」を展開していくとしている。

紙の契約書と電子契約を一元管理できる「マネーフォワード クラウド契約」が5月開始

マネーフォワード クラウドERPは、中堅企業に必要なバックオフィス業務領域や複雑な手続きをカバーするクラウド型ERP。低コストかつ短期間で導入でき、自動バージョンアップでメンテナンス不要、インターネット環境があればどこからでもアクセスできる。

関連記事
AI契約書レビュー支援や契約書管理クラウド提供のLegalForceが30億円を調達
次世代リーガルプラットフォームを開発するキビタスが6500万円をシードラウンドで調達
NDAの統一化を図るプロジェクト「OneNDA」が統一ポリシーの「スマート要約」と概要を公開
リーガルテックのSmaConが取引先と短時間・低コストで秘密保持契約を締結可能な「NDA統一標準規格」公開
サブスクサービスの年間利用料を契約時に一括受領、MF KESSAIがB2B事業者の早期資金化を支える新プラン
マネーフォワードがスマートキャンプを子会社化、SaaS事業拡大へ

カテゴリー:ネットサービス
タグ:マネーフォワード日本(国・地域)