ヘルステック
医療(用語)
バングラデシュ(国・地域)
Praava Health(企業)
遠隔医療(用語)

バングラデシュの医療の質を遠隔医療と物理的な診療所で向上させるPraava Healthが11.5億円調達

次の記事

マカフィーが法人向け事業を約4370億円で売却、消費者向けビジネスに専念

Praava Healthの創設者にして最高責任者のシルバーナ・シハ氏(左から3番目)。同社医療センターの1つで

遠隔医療と物理的な診療所とを組み合わせたPraava Health(プラーバ・ヘルス)を立ち上げる前、Sylvana Sinha(シルバーナ・シンハ)氏は、2008年の米国大統領選挙でBarack Obama(バラク・オバマ)氏の海外政策顧問として貢献したり、アフガニスタンの世界銀行に勤めるなど、国際法の世界で成功を収めていた。しかし2011年、家族の結婚式に出席するためにバングラデシュを訪れた際、最上級の私立病院で手術を受けた母が危篤状態に陥ったことで、シンハ氏は「ひらめきの瞬間」を迎えた。

「母の一件から、バングラデシュではどんなにお金を積んでも質の高い医療が受けられないことを知りました」と彼女はTechCrunchに話した。

「バングラデシュは高度に発展し、今や中流人口が4000万人にも上るという現実があるにも関わらず、優れた医療を受けられる選択の幅が非常に狭いことに衝撃を受けました」と彼女は語る。「毎日、何千もの人たちが国外に出かけ、年間何百万ドル(何億円)もの費用をかけて海外の優れた病院にかかっているいるのです」。

米国で生まれ育ったシンハ氏は、Praava創設のため、2015年にバングラデシュに移り住んだ。米国時間3月8日、同社はシリーズAプライムラウンドの調達を発表し、調達総額は1060万ドル(約11億5000万円)となった。Praavaでは、2018年にサービスを開始して以来、毎年3倍の成長を遂げ、現在は15万人の患者を診ているという。2020年には、7万5000件の新型コロナの検査を自社で行っている。

Praava Healthの患者向けポータルアプリ

Praavaの支援者には、シードラウンドにも参加した退役米国陸軍大将、KKR Global Institute(DKRグローバル・インスティテュート)会長、米国中央情報局(CIA)の元局長のDavid H. Petraeus(デイビッド・H・ペトレイアス)氏、Wellville(ウェルビル)の幹部創設者Esther Dyson(エスタ−・ダイソン)氏、SBK Tech Ventures(SBKテック・ベンチャーズ)、シンガポール科学技術研究庁デジタル医療顧問のJeremy Lim(ジェレミー・リム)博士、Iora Health(アイオラ・ヘルス)の共同創設者でありCEOのRushika Fernandopoulle(ラシカ・ファーナンドプリ)博士、Oak Street Health(オーク・ストリート・ヘルス)の共同創設者であり最高執行責任者のGeoff Price(ジェフ・プライス)氏と、高名なエンジェル投資家が名を連ねている。

同社は、バングラデシュの首都ダッカの主要医療センターであり、街中に点在する40の小さな診療所をネットワークしている。Praavaでは、さらに多くの診療所をダッカに開設し、後にバングラデシュ第2の都市チッタゴンにも進出したいと考えている。

これは、オンライン診療を加えた「ブリック・アンド・クリック」モデルだ。国中の患者に対応できる。バーチャル医療は、遠隔医療とオンライン薬局を含むPraavaのサービスの40パーセントを占めている。

バングラデシュは、世界でも最も急速に経済成長している国だが、人口1億7000万人に対する医療従事者の数は危機的なまでに少ない。世界保健機関(WHO)の概算では、人口1万人に対して医師が3人、看護師が1人となっている。さらにそのほとんどが都市部で勤務している。ちなみにバングラデシュの人口の70パーセントは農村部で暮らしているため、人々は1分間にも満たない診療のために長距離移動を強いられることがしばしばだ。

「遠隔医療の最大の利点と私たちが考えるのは、ダッカの外に住む人たちに、その長旅が本当に必要か否かを教えられることです」とシンハ氏は話す。

同社では、特に初期診療の場合、患者の80パーセント以上がオンラインでの医療サービスで対処できることを突き止めた。残りの20パーセントの患者にのみ、幅広い外来診療、画像診断、検査、薬の処方が行えるPraavaの診療所へ訪れるように伝えている。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まると、Praavaの診察のおよそ90パーセントがバーチャルになったが、診療所での診察はまた増え出した。Praavaの医師のほとんどは、フルタイムの従業員として給与が支払われている。目標は、予約診療時間を少なくとも15分以上にし、医療提供者と患者との深い人間関係を築くことにある。

「テクノロジーは医療の未来だと思っています。そこに疑いの余地はありません」とシンハ氏。「しかし、私たちが生きている間に必要となる医師との対面診察や直接的な医療全般を、テクノロジーで完全に置き換えることはできません」。

現在、Praavaの患者は、そのほとんどが診察ごとに料金を支払っている。価格はバングラデシュの公共医療システムと、高価な私立病院の相場の中間程度となる。定額で無制限に医療サービスが受けられる会員プランもある。

シンハ氏によれば、主に入院費をカバーする医療保険に加入している人が1パーセントに過ぎないバングラデシュでは、それは大変に新しいモデルだという。

「これは私たちにとって、この地域に価値に基づく医療の導入実験であり、この提案に大変に胸躍らせていますが、新商品なので、今後数年間かけて伸びて行くものと考えています」と彼女は話す。「2020年は大変な伸びを見せました。おそらく人々の健康意識の高まりと、企業が従業員の健康への投資を増やそうと考えるようになったためでしょう」。

今回調達した資金で、Praavaは患者用の「スーパーアプリ」の開発に注力する。すべてのデジタルサービスを、1つのアプリに集約することが目的だ。また、ダッカでのさらに10軒の医療施設の開設と、チッタゴンへの進出も計画している。Praavaの「ブリック・アンド・クリック」モデルは、その他の新興市場にも応用が利くが、今後数年間はバングラデシュに集中する予定だ。

「まず対処しなければならない人たちが1億7000万人います」とシンハ氏。「なので当面私たちは、この市場に全集中します」。

関連記事:出産やメンタルヘルスなどデリケートな問題のケアを女性が受けやすくするバングラデシュのMayaが約2.3億円調達

カテゴリー:ヘルステック
タグ:Praava Healthバングラデシュ医療遠隔医療資金調達

原文へ

(文:Catherine Shu、翻訳:金井哲夫)