モビリティ
Rimac Automobili(企業)
電気自動車 / EV(用語)
投資(用語)
Porsche / ポルシェ(企業)

ポルシェがEVハイパーカー・部品メーカーRimac Automobiliの持分を24%に増やす

次の記事

英国のチャレンジャーバンクStarlingが約4.4億円を調達、評価額は2063億円に

電動ハイパーカーやバッテリー、パワートレインの開発で知られるクロアチアのEVメーカー、Rimac Automobili(リマック・アウトモビリ)は、Porsche AG(ポルシェAG)からまたしても投資を受けた。

ポルシェは中央ヨーロッパ時間3月8日、リマックに7000万ユーロ(8330万ドル、約90億円)を投資し、リマック株の持分を以前の15%から24%に増やしたと発表した。

ポルシェがリマックに投資するのはこれで3回目となる。ドイツの自動車メーカーである同社は2018年に初めてリマックへの投資を行った。ポルシェはその後2019年9月に、リマックへの出資比率を引き上げた。その数カ月前には、Hyundai Motor Company(現代自動車)とKia Motors(起亜自動車)が共同で8000万ユーロ(当時は9000万ドル、約98億円)をリマックに投資していた

リマックは2009年にMate Rimac(メイト・リマック)氏によって設立され、2018年のジュネーブ国際モーターショーでデビューした2シーターの「C Two」のような電動ハイパーカーで最もよく知られている。この車はなんと1914馬力、最高速度は時速256マイル、0-60マイル加速1.85秒という代物だ。リマックは2021年に最終形態のC Twoを発表する予定だ。

しかし、リマックはハイパーカーを生産するだけではない。1000人の従業員を擁する同社は、高電圧セグメント内のバッテリー技術にも力を入れており、電気パワートレインの設計と製造、人間と機械の間のデジタルインターフェースの開発も行っている。

ポルシェ執行委員会の副会長であるLutz Meschke(ルッツ・メッサー)氏のコメントによると、同社はリマックの部品開発に最も興味を持っているという。メシュケ氏は、リマックが「プロトタイプソリューションと小型シリーズにおいて優れたポジションにある」とし「ポルシェやハイテクセグメントの他のメーカーにとって、Tier1(ティア1)サプライヤーになるための道のりを着実に歩んでいる」と述べている。

メシュケ氏によると、ポルシェは、非常に革新的なシリーズ部品の開発のために、すでにリマック社に最初の発注を行っているという。

ポルシェは継続的な投資を行っているが、リマックの支配権は持っていないと述べている。

関連記事:ポルシェが2台の電動アシスト自転車を発表、価格は約92万〜115万円

カテゴリー:モビリティ
タグ:ポルシェ投資電気自動車Rimac Automobili

画像クレジット:Rimac

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Aya Nakazato)