モビリティ
VISION-S(製品・サービス)
Sony / ソニー(企業)
Airpeak(製品・サービス)
Aibo(製品・サービス)

ソニーが試作EV「VISION-S」を3月28日に一般公開、2021年事業化予定のドローン「Airpeak」も展示

次の記事

KiaのEV計画の輪郭がEV6の予告画像と新しい命名戦略から見えてきた

ソニーが試作EV「VISION-S」を3月28日に一般公開、2021年事業化予定のドローン「Airpeak」も展示

ソニーは、開発を進めている電気自動車「VISION-S」試作車両を国内で初めて一般公開します。

VISION-S は、ベンツやBMWなどの開発と生産を請け負うマグナ・シュタイアとソニーが共同開発したEVです。イメージング・センシング技術を搭載し、将来的にはレベル4自動運転の実装を目指しています。

ソニーによると、2020年12月にはオーストリアで公道試験を実施し、今後は他の地域でも順次走行テストを実施するそうです。

一般公開は3月28日に二子玉川ライズのイベントスペースにて行います。同スペースでは、VISION-Sだけでなく2021年に事業化を予定しているドローン「Airpeak」も一般公開します。

また、自律型エンタテインメントロボット「aibo」を展示し、ソニーが推進するAIロボティクス事業の取り組みを包括的に紹介するとしています。

展示概要

  • 名称:「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA」
  • 開催日時:3月28日10:00〜19:00
  • 主催:カルチュア・エンタテインメント LEVOLANT(ル・ボラン)編集部
  • 会場:FUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ) イベントスペース「ガレリア」。東京都世田谷区玉川2丁目21
  • 入場形態:入場無料/雨天開催(新型コロナ感染症拡大防止策を実施)

(Source:ソニーEngadget日本版より転載)

関連記事
ソニーがプロトタイプEVセダン「VISION-S」の技術紹介や走行シーン動画を公開
ソニーがAIロボティクス領域のドローンプロジェクト「Airpeak」始動、2021年春に事業開始
ソニーがフルサイズミラーレス一眼αを搭載するドローン「AirPeak」発表
なんとソニーが自動車「Vision-Sセダン」を発表
消えた自動運転、都市OS覇権へ向けてのアプローチ、CES2020を振り返る

カテゴリー:モビリティ
タグ:Aibo(製品・サービス)Airpeak(製品・サービス)Sony / ソニー(企業)
電気自動車 / EV(用語)VISION-S(製品・サービス)日本(国・地域)