ハードウェア
Carl Pei / カール・ペイ(人物)
OnePlus(企業)
ヘッドフォン / イヤフォン(用語)

OnePlus創業者カール・ペイ氏のNothingがパイプから発想を得たワイヤレスイヤフォン「Concept 1」を披露

次の記事

大手VCファンドが共同で250人以上のEU女性起業家にメンタリングを提供、投資家とツテなしAIマッチング

OnePlusの共同創業者であるCarl Pei(カール・ペイ)氏はここ数カ月の間に、彼の「Nothing」というコンセプトを、最近の記憶ではもっともバズっているハードウェア企業の1つへと変えてのけた。これは、どんな製品を提供していくかについての情報がほぼゼロに近かった企業にとって、離れ業というしかない。同社は2021年2月、GVが主導した1500万ドル(約16億円)のシリーズAを含む約2200万ドル(約24億円)の資金を調達している

Nothingは先日、最初の製品となるワイヤレスイヤフォンをこの夏にリリースすると発表した。自称「境界破り」のスタートアップにとっては、馴染みのある飽和状態のカテゴリーだ。もちろん、2014年のOnePlus Oneの発売前には、多くの人々がスマートフォンについて同じことを言ったが、そちらの事業はかなりうまくいっているように見える。

米国時間3月9日のブログ記事の中で、ペイ氏はNothingの理念をもう少し詳しく説明するとともに、まもなく発表される同社の最初の製品の先駆け「Concept 1」に触れた(next to Nothing、なきに等しい、と呼ぶべきか)。このエントリーでは、Apple(アップル)のように大げさな言葉遣いで同社の計画が概説されているが、突き詰めていくとペイ氏は、ある意味、クパチーノへのアンチテーゼのようなアプローチを示している。

この製品は半透明のデザインで「スクリーンも専用デバイスもなく、ほとんど目立たないさりげない技術で、より人間らしく生きる力を与えてくれる」というアプローチで作られているという。スクリーンなし、という部分を信じるとすれば、同社はEssential IPを買収したにもかかわらず、Nothingが近々スマートフォンを発売する予定はないようだ。

もう1つおもしろいパズルのピースは、身近なものからのインスピレーションだ。「Concept 1は、祖母のたばこパイプからインスピレーションを得ています」とのこと。同社は2021年2月下旬にスウェーデンのTeenage Engineering(ティーンエイジ・エンジニアリング)との提携を発表しており、同デザインハウスのCEOであるJesper Kouthoofd(ジェスパー・クースフッド)氏がNorhingのデザインリーダーとなっている。

Nothingが、リリース前のハイプサイクルを最大限に活用したことは評価されるべきだろう。いくつかの堅実な資金調達と、ペイ氏がOnePlus時代に築き上げた多くのファンの善意の間で、同社の最初のリリースは、2021年もっとも待ち望まれているハードウェア発表の1つになりそうだ。ワイヤレスイヤフォンで、これはなかなかの快挙といえる。

関連記事
Appleが「耳」の健康に関する研究結果を公開
元OnePlusのカール・ペイ氏がコミュニティに新会社Nothingへの投資機会を提供
OnePlusが老舗カメラメーカーHasselbladと3年のスマホイメージング提携、OnePlus 9に新カメラ搭載

カテゴリー:ハードウェア
タグ:イヤフォンOnePlusカール・ペイ

画像クレジット:Nothing

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)