ネットサービス
ネットショッピング / eコマース(用語)
TikTok(製品・サービス)
Walmart / ウォルマート(企業)

パイロットテスト成功を受けWalmartがTikTokでライブ買い物イベント第2弾実施へ

次の記事

2020年におけるアフリカのスタートアップの資金調達状況

Walmart(ウォルマート)は2020年12月、TikTok(ティックトック)プラットフォームを使った米国での新たなライブストリーミング買い物体験の初テストでTikTokと提携した。そのテストは極めてうまくいったようで、Walmartは米国時間3月9日、別のライブストリーミング買い物イベント「Spring Shop-Along:Beauty Edition」を開催するためにTikTokを再び利用すると発表した。1時間のライブストリームではTikTokのクリエイターやインフルエンサーが登場する。

関連記事:ウォールマートがTikTokでのライブストリーミング販売をテスト、若年層への販売拡大を狙う

Walmartは初のTikTokライブショッピングイベントでどれくらい売り上げたかは明らかにしなかったが、予想の7倍超の視聴があり、同社のTikTokフォロワーベースを25%成長させることができた、と述べた。こうした指標は、Walmartが再びTikTokに戻ることを選択するのに十分なものだった。前回はホリデーライブストリームにフォーカスしてアパレルを扱ったが、今回は美容品を販促する。

Spring Shop-Alongは米国東部標準時3月11日午後9時からWalmartのTikTokチャンネルで開催される。前回のホリデーイベントと同様、今回のイベントでもさまざまなTikTokクリエイターが登場し、お気に入りのアイテムについて話したり紹介したりする。参加するクリエイターの1人はすでに発表されている。350万人ものTikTokフォロワーを持つGabby Morrison(ギャビー・モリソン)氏(@GabbyMorr)だ。

画像クレジット:Walmart

ギャビーや他のクリエイターは60分間のライブイベントの間、スキンケアやメーク、髪の手入れのルーティーンのデモンストレーションを行い、実際に使っているWalmartの美容プロダクトを披露する。特集される美容ブランドはNYX、Maybelline、The Lip Bar、Bliss、Kim Kimble、そしてMarc Jacobsの香水だ。

イベントの視聴者は美容のアドバイスを受けたり、プロダクトの「ピン」をタップして特集されたプロダクトをTikTokアプリ内で直接買い物できる。アイテムをカートに追加し、イベントの途中あるいは終了後に精算できる。

「トレンドに乗っているか、あるいは新しいプロダクトを発見しているかとブランドはコミュニティに語りかけて参加を促すコンテンツを制作するために、TikTok上にユニークな拠点を見つけました」とTikTokグローバルビジネスソリューションのBlake Chandlee(ブレイク・チャンドリー)氏はWalmartの計画についての声明で述べた。

「買い物できるライブストリームの体験で、TikTokコミュニティがいかにお気に入りのクリエイターと関わって新たなプロダクトを発見するのが好きかを見るのはエキサイティングなものです。発見から購入までの道のりを支えるイノベーティブな方法を引き続き構築することを、そしてWalmartのようなブランドがユーザーにクリエイティビティをもたらすのを見ることを楽しみにしています」とチャンドリー氏は付け加えた。

Walmartはホリデーライブストリームに先駆けてeコマースでTikTokを活用することに興味を示していた。とりわけWalmartはTikTokがトランプ政権下で米国事業を米企業に売却しなければ禁止すると脅されたときにTikTokへの投資を計画していた。TikTokの米国事業を新たなオーナーのOracleとWalmartにスピンアウトするかもしれないという強制売却は、バイデン政権がトランプ政権下での動きをレビューしている間は棚上げされる

関連記事:TikTok米国事業のオラクルへの強制売却が棚上げ

2020年ホリデー期間中のWalmartのTikTokチャンネルのスクリーンショット

ライブストリームでの買い物は米国でますます関心と投資を集めている。NTWRK、最近資金調達したBambuserPopshop Liveなど、数多くのスタートアップがこのマーケットに参入している。大手テック企業もモバイルビデオやライブビデオでのショッピングに加わっている。

GoogleのモバイルビデオショッピングShoploopのR&Dプロジェクトは検索に統合された。Facebookはライブショッピングを構築するためにビデオショッピングスタートアップPackagdを買収し、FacebookInstagramでのビデオショッピングにかなり投資した。AmazonはQVCのようなAmazon Liveを通じてライブショッピングを展開している。Alibaba (AliExpress)、JD.com,、Pinduoduo、WeChat、そしてTikTokの中国版姉妹アプリDouyin、すべてモバイルビデオショッピングをサポートしている。

関連記事
グーグルがモバイル用動画ショッピングプラットフォーム「Shoploop」をローンチ
TikTok対抗機能のInstagram Reelsでショッピングも可能に
WeChatがライブストリーミング買い物フェスを6月開催、中国・広州市と組んで地方経済を押し上げる

しかしながらWalmartはライブストリームショッピングでTikTokと提携する計画は事業買収の交渉の結果ではなかったと述べた。WalmartはTikTokのプラットフォームを1年以上活用してきた。TikTokチャンネルの展開に加え、Walmartは従業員にTikTokビデオを制作することを課しさえしていた

Walmartにコメントを求めたが、TikTokでの最初のライブストリームについての数字を明らかにするのは却下した。しかしパイロットテストは期待を上回るものだったようだ。

「予想の7倍超の視聴があり、また初のイベント後にTikTokフォロワーが25%増えたことをうれしく思っています。また、スムーズな精算エクスペリエンスにも満足しています」と広報担当はTechCrunchに語った。「売上高は開示できませんが、イベント前に立てていた予測を上回りました」。

今週のライブショッピングイベント後もWalmartはさまざまなフォーマット経由で異なるプロダクトを特集するためにクリエイターと引き続き提携することで、TikTokにさらなる買い物エクスペリエンスを持ってくる計画だと話している。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:WalmartTikTokネットショッピング

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Nariko Mizoguchi