オーディエンスエンゲージメント分析でマーケターを支援するTrufanがシード2.5億円調達

次の記事

リモート従業員が選ぶデスクや機器に毎月の予算を割り当て備品管理するのを支援するFleex

マーケターがSNSフォロワーを分析し、オーディエンスデータを収集するのを支援するツールを提供しているスタートアップのTrufanは、米国時間3月9日、230万ドル(約2億5000万円)のシード・ラウンドを調達したと発表した。

これまでの資金調達総額は比較的少額(410万ドル、約4億4000万円)であるにもかかわらず、Trufanはすでに2つの注目すべき買収を行っている。まず同社は2019年にSocialRankの製品と事業を買収し、ブランドに最も価値のあるSNSフォロワーを示す機能を提供できるようになった。そして昨年には、消費者がメールアドレスなどの情報を提供して応募する懸賞を主催し、マーケターがコンタクト情報を得るPlayr.ggを買収した

Trufanによると、同社の製品全体では1万人以上の無料ユーザーがおり、Netflix(ネットフリックス)、NBA、NFL、Sony Music、United Talent Agencyなどを含める600社以上の有料顧客がいるという。

同社は次は、2つの主要製品を統合し、プライバシー要件に準拠した顧客データ・オーディエンスエンゲージメントの総合プラットフォームを立ち上げ、新しいブランディングと価格設定を行うことを計画している。共同創業者兼CEOのSwish Goswami(スウィッシュ・ゴスワミ)氏は、規制当局が新たなプライバシー規制を導入したり、Apple(アップル)やGoogle(グーグル)がサードパーティのデータに基づく広告ターゲティングに新たな制限を加えたり、消費者が自分のデータがどのように使われているか敏感になったりする中で、このプラットフォームは特に魅力的なものになるはずだと話してくれた。

Trufan創業者のAanikh Kler氏とSwish Goswami氏。画像クレジット:Trufan

「人々は匿名で追跡されることを望んでいません」とゴスワミ氏はいう。「人々は自分のデータを(無断で)取り上げられることは望んでいませんが、そうした人々の多くは、データを共有することと引き換えに何かを得ることができれば、そのアイデアに惹かれます」。

ゴスワミ氏は、ソーシャルネットワークの限界を考えると、ブランドがファーストパーティの顧客データを構築することは特に重要だと付け加えた。「5000万人のフォロワーを持っていても、投稿するたびに5000万人に届くわけではありません。一方、5000万人のメールや電話番号を持っている場合、実際にそのほとんどの受信箱や電話に届くかもしれません」。

今回の新たな資金調達はMoneta Venturesが主導し、MonetaのパートナーであるSabya Das(サバイア・ダス)氏がTrufanの取締役会に加わる。GP Ventures、Protocol Ventures、Athlete Technology Group のほか、Innovative Fitnessの創設者Curtis Christophersen(カーティス・クリストファーセン)氏、NBAチームUtah Jazz(ユタ・ジャズ)のフォワードであるDerrick Favors(デリック・フェイバーズ)氏、同リーグChicago Bulls(シカゴ・ブルズ)のフォワードであるThaddeus Young(サデウス・ヤング)氏などのエンジェル投資家も参加している。

ダス氏は声明の中でこう述べた。「Trufan は、顧客データ領域における障害を認識し、その障害を取り除くという点で、他のはるか先を行っています。彼らは本当に素晴らしいチームを擁するオールスター創業者であり、ファーストパーティ・データの問題を解決する彼らの信念と能力を信じているため、当社は彼らを支援できることに興奮しています」。

関連記事:「マイクロインフルエンサー」マーケティングプラットフォームを日本でも展開する台湾のInfluenxioが2.2億円調達

カテゴリー:ネットサービス
タグ:マーケティング 資金調達

[原文へ]

(文:Anthony Ha、翻訳:Aya Nakazato)