HTCが唇・舌・歯・アゴ・頬など口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

次の記事

Preferred NetworksがCrypkoを含む深層学習活用のデジタル素材生成システムをクリエイティブ産業向けに開発

HTCが唇・舌・歯・アゴなど口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

HTC

HTCは3月10日(現地時間)、同社のVRヘッドセットVIVE Pro Eye向けのアクセサリーとして、口元の動きをトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」を発表しました。米国では129.99ドルで近日発売となっています。

Facial Trackerは、唇やアゴ、舌、歯など38か所をIRイルミネーターによりトラッキングできます。VIVE PRO Eyeはもともと目の動きが追跡できるため、組み合わせることで、顔の表情や口の動きなど、顔全体のトラッキングが可能になります。

これにより、VR内のアバターなどにリアルタイムで表情を反映させることも可能になります。

HTCが唇・舌・歯・アゴなど口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

HTC

Facial Trackerと同時に、小型化された第3世代のVive Tracker 3.0も発表されました。こちらは部屋の中でのユーザーの位置を測定するために使うアクセサリ。役割自体は現行モデル自体と共通ですが、2018年モデルよりもサイズが33%小さく、15%軽くなっているとのこと。また、バッテリー持ちは最大75%向上し、最大7.5時間になっています。

HTCが唇・舌・歯・アゴ・頬など口元38カ所をトラッキングできる「VIVE Facial Tracker」発表

VIVE TrackerとFacial Trackerを組み合わせれば、表情を含めた全身トラッキングが可能となります。モーションキャプチャは珍しいものではなくなってきましたが、これらのアイテムを使うことで、VRアバターの動きはますますリアルなものになっていくのかもしれません。

(Source:HTC(1)(2)Engadget日本版より転載)

関連記事
ソニーが次世代「PlayStation VR」発表、2022年以降発売・PS5にケーブル1本で接続
Oculus Quest 2には狭い日本家屋の間取りを大幅変更するだけの価値がある
HTC ViveのE3出場は今年で二年目、メジャーはまだ遠いけどトリプルAには来たか

カテゴリー:VR / AR / MR
タグ:HTC(企業)HTC VIVE(製品)仮想現実 / VR(用語)