ソフトウェア
LINE(企業・サービス)

格安SIMのIIJmio・mineo・イオンモバイルが「LINE年齢確認」に対応、LINEへの年齢情報通知を開始

次の記事

医師が処方する保険適用「ニコチン依存症治療アプリ」など研究開発のCureAppが21億円調達

格安SIM(MVNO)のIIJmio・mineo・イオンモバイルがLINEへの年齢情報通知を開始しました。

これまで、各MVNOのユーザーはLINE内で年齢確認ができないことから、18歳以上であっても「LINE ID検索」や「オープンチャット」といった機能を利用できませんでした。

この件についてユーザーから多くの要望があったといい、MVNO委員会でLINEと調整した結果、各MVNOからLINEに対して、ユーザーが申し出た利用者の年齢情報を通知することで、LINE内での年齢確認が可能になりました。

年齢確認は、LINEアプリのバージョンアップ(11.3.0)配信開始後に利用できるようになります。なお、イオンモバイルでは3月下旬以降より年齢情報通知を開始します。

また、契約時に身分証明書で年齢確認を行っていないデータ専用SIMでは年齢確認を利用できないため注意が必要です。

(Source:テレコムサービス協会 MVNO委員会など。Engadget日本版より転載)

関連記事
ZホールディングスとLINEが戦略方針説明会、AIに5年間で5000億円投資し4つの集中領域に取り組む
LINE PayでVisaタッチ決済可能に、「Google Pay」対応でLINEアプリの起動不要
​LINE PayがApple Pay対応開始、バーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」も発表
LINEがサービス開始以降初となるアプリ全体のUIデザインリニューアルを実施

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:LINE(企業・サービス)日本(国・地域)