EnviroTech
コラム(用語)
再生可能エネルギー(用語)
カーボンオフセット(用語)
農業 / アグリテック(用語)

再生型農業は気候変動と戦う頼もしい仲間

次の記事

外科手術とフードデリバリー、海図作成そして帰ってきた愛すべき友、ロボティクスの近況

本稿の著者Nancy Pfund(ナンシー・ファンド)氏はDBL Partnersのマネージングパートナー。同社は、最高水準の金銭的リターンとともに、投資先の地域とセクターに意味のある社会的、環境的、経済的リターンをもたらすことを目標にしているベンチャーキャピタルだ。

ーーー

昨今毎週のように、新しい農業会社、消費者向け包装商品会社、銀行、テクノロジー企業、セレブ、さらにはFacebook友達もが、環境再生型農業への支援を表明しているように感じる。

気候や農業のソリューションを求めて数十年来働いている私たちにとっては、喜びとともに心配もある。

何であれ、乗り遅れないことは重要だが、その詳細や大変さ、進歩と勝利の積み重ねや残された厄介な問題の数々は往々にして見過ごされ忘れられがちだ。これほど多くの打者がホームランを狙っていると、シングルヒットや二塁打が勝利を生むことをつい忘れてしまう。

DBL Partnersのマネージングパートナー、ファウンダーとして、私は投資先には成功するビジネスモデルを持っているだけではなく、地球最大の問題を解決する企業であることを明確に求めている。農業は、増加する人口に食料を供給するだけでなく、最大の気候ソリューションになりうると私は信じている。

同時に、課題宣伝を鎮め、議論の焦点を定め直し、農業の事例を使ってあらゆるビジネスが気候変動と戦う炭素習慣の生産的なテンプレートを作ろうと思っている。

まず、再生型農業を定義しよう。間作や耕起などのように、土壌を肥沃にして保水力を高め、炭素を隔離、排除するさまざまな活動のことだ。

再生型農業を巡る熱狂は、気候変動の影響を大規模に軽減できる可能性と結びついている。National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine(全米アカデミーズ)は、土壌炭素隔離によって年間2億5000万トンの二酸化炭素を除去できる可能性があると推計しており、これは米国の排出量の5%に相当する

再生型農業は新しいものではないことを覚えておくことが重要だ。自然保護活動化は間作や耕耘の削減を数十年来訴えてきたが、農業従事者は反対した。

こうした慣習が最近になって見直されているのは、大規模に実施し、数々の新たな技術やイノベーションを利用することによって、農業が気候変動との戦いをリードする可能性が示されたためだ。

ではどうすれば農業従事者に脱炭素と戦う力を与えられるのだろうか。

現在、カーボンオフセット市場が多くの注目を集めている。ここ数年、土壌炭素のための民間任意市場が複数登場し、その多くはクレジット購入による炭素排出量相殺でカーボンニュートラルを標榜する企業の支援を受けている。

オフセット市場は農業を大規模な気候変動ソリューションの触媒にするための重要なステップだ。民間炭素市場を支援する組織は、排出量削減の手段と経済的誘因を生み出している。

「farming carbon(農業による炭素排出量削減)」は、再生型農業の金融メカニズム、データ分析ツール、および窒素固定生物などの新技術の需要を推進する。いずれも再生型農業の普及と影響を最大化し、イノベーションと起業を促進するために不可欠な要素だ。

カーボンオフセットそのものではなく、こうした発展こそが、農業排出量を永久に減少させるのである。

オフセットは出発点でありソリューションの一部でしかない。作ったのが森林であれ、再生可能エネルギーや輸送や農業であれは、オフセットは毎年企業に買われる必要があり、購入者の排出量を必ずしも減らしていない。

必然的に、各ビジネスセクターは排出量を直接減らすか、サプライチェーン全体で排出量を減らすことで「インセット」を作る必要がある。難しいのは、まだどんな組織にとっても経済的、物流的に実現可能ではないことだ。

農業製品を購入、処理している組織(食品会社から再生燃料メーカーまで)にとって、土壌カーボン・オフセットは間接的に排出量を直ちに減らすことが可能であるだけでなく、農家を出発点として直接的永久的に排出量を減らす戦略への投資でもある。

DBLが投資しているのは、この両方の側で働く農業会社だ。土壌炭素オフセットの生成を促進し、炭素クレジット市場を確立するとともに、本質的により効率が高く、炭素依存の低い農業ビジネスサプライチェーンを作る。

このアプローチは気候変動への影響を減らそうとしている農業関係者にとっては賢明な投資だ。ビジネスモデルもまた、真の持久力をもつ農業従事者による環境サービスの需要を生み出す。

はるか前の2006年、DBLが初めてTesla(テスラ)に投資した時、輸送を化石燃料から遠ざける世界的ムーブメント創成を手助けすることになるなどとはまったく考えていなかった。

そして今度は農業の番だ。科学の革新、ビッグデータ、金融、そして農家ネットワークの支えられて、再生型農業への投資は農業における炭素排出量を削減し、農業従事者の管理努力に報いることを約束している。

未来の世代はこの変化の恩恵を収穫しながら「なぜそんなに時間がかかったのか?」と不思議に思うだろう。

カテゴリー:EnviroTech
タグ:農業カーボンオフセット再生可能エネルギーコラム

画像クレジット:jarino47 / Getty Images

原文へ

(文:Nancy Pfund、翻訳:Nob Takahashi / facebook