EnviroTech
マイクロプラスチック(用語)
ピリカ(企業・サービス)
資金調達(用語)
環境問題(用語)

ごみ拾いSNS「ピリカ」やマイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」運営元が1億円調達

次の記事

BMWが曲面ディスプレイを採用する次世代版「iDrive」インフォテインメントシステムを公開

環境領域スタートアップ「ピリカ」(Pirika)は3月15日、第三者割当増資による総額1億円の資金調達を発表した。引受先は、瀧口浩平氏など複数名の個人投資家。調達した資金により人材採用を強化し、サービスの開発、営業網の拡大などを通じて、ごみの自然界流出問題をはじめ環境問題の解決に向けた事業を加速する。

ピリカは、2011年の創業以来ごみの自然界流出問題をはじめ環境問題の解決に取り組み、ごみ拾い活動を共有・促進するSNS「ピリカ」(Android版iOS版)、画像解析技術で広範囲のポイ捨て状況を調査できる「タカノメ」、マイクロプラスチックの流出量調査や製品特定などを行う「アルバトロス」といった独自のサービスやソリューションを開発・提供している。

関連記事
250万個以上の使い捨てプラボトルをなくす洗剤タブレット「everdrop」が23.9億円調達
100%植物性・完全生分解性の素材を開発するアミカテラが資金調達、国内初の工場を熊本で6月稼働
石油由来樹脂・合成紙の使用量を大きく削減可能な新素材「LIMEX」開発のTBMが20.6億円を調達
億万長者を引きつけた植物繊維で作る代替プラスチック
海藻から作った代替プラで環境派投資家から6.5億円を調達したLoliware
コンピュータービジョンでごみ処理を改善するGreyparrot
ペプシがミネラルウォーターをアルミ缶で販売へ
筑波大発の水中ドローンスタートアップFullDepthがDrone Fundなどから3.4億円を調達

カテゴリー:EnviroTech
タグ:環境問題(用語)資金調達(用語)ピリカ(企業・サービス)マイクロプラスチック(用語)日本(国・地域)