Sony / ソニー(企業)

PS5の次世代PS VRコントローラーが公開、DualSenseと同じ可変抵抗トリガーやハプティック採用

次の記事

SentryがReact Native、Android、Xamarinにパフォーマンス監視機能を追加

PS5の次世代PS VRコントローラーが公開、DualSenseと同じ可変抵抗トリガーやハプティック採用

Sony

ソニーがプレイステーション5向け次世代VRシステムの新型コントローラを公開しました。

PS4用PS VRのコントローラは、PS3時代のPS Moveをそのまま流用した「球と棒」形状でしたが、新PS VR (仮) はモダンなVRハンドコントローラと、球面に沿った帯のようなハンドガードを組み合わせたユニークな「オーブ」形状です。

さらにPS5の標準コントローラ DualSense と同じ、ゲーム内容によって動的に抵抗が変化するアダプティブトリガー、繊細な振動で手触りを伝えるハプティックフィードバックを採用。

親指・人差し指・中指を置く三か所には、押し込まなくても指の位置を認識するフィンガータッチ機能を搭載します。Oculus Touchなど一般的なVRハンドコントローラのように、ボタンを押していないときでも手のジェスチャやかたちをVRに反映できる仕組みです。

トラッキングは帯のような「オーブ」表面のトラッカーをVRヘッドセット側が認識する形式。現行のPS VRは前方シングルカメラで球を見てトラッキングしていたため、精度や死角に入ったとき見失う等の問題がありましたが、次世代PS VRはモダンなVRシステムの多くと同様にヘッドセットがコントローラをトラッキングします。

PS5の次世代PS VRコントローラーが公開、DualSenseと同じ可変抵抗トリガーやハプティック採用

Sony

コントローラのボタンやトリガーは、左右に親指用のアナログスティック、人差し指で引くL2/R2トリガーボタン、中指で引いて掴む動作を認識するL1/R1グリップボタン。通常のボタンは△□とクリエイトが左、○xとオプションを右。

VRハンドコントローラでデファクトスタンダードに近い「人差し指がトリガー、中指で掴む」ですが、従来のゲーム向けデュアルショックやDualSenseと比べればL1R1が下になり、使う指が逆転するのが面白いところです。

PS5の次世代PS VRコントローラーが公開、DualSenseと同じ可変抵抗トリガーやハプティック採用

Sony

新PS VR (仮)、正式には「PS5用の次世代VRシステム」は、2022年以降に発売予定です。

速報:ソニー、次世代PS VRを予告。PS5にケーブル1本接続、2022年以降発売
PS5™向け次世代VRシステム──新たなVRコントローラーについて – PlayStation.Blog


© Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved. Design and specifications are subject to change without notice.
Engadget日本版より転載)

関連記事
PS VR向け「Doom 3:VR Edition」が3月29日発売、PS4とPS5でプレイ可能
ソニーが次世代「PlayStation VR」発表、2022年以降発売・PS5にケーブル1本で接続
ハードは飛躍的に進化したPS5だが、ソフト不足・品不足は深刻
ソニーのPSVRヘッドセットが100ドル値下げ――仮想現実の体験が容易になった
SonyのPS 4の総売上は7000万台超、VRヘッドセットは200万台と好調
Sony、PlayStation VRを4ヵ月で91万5000台販売。予想を上回る

カテゴリー:VR / AR / MR
タグ:Sony / ソニー(企業)VR / 仮想現実(用語)PlayStation / プレイステーション(製品・サービス)PlayStation 5(製品・サービス)PlayStation VR(製品・サービス)日本(国・地域)