InstagramとWhatsAppにシステム障害発生

次の記事

⾃律制御システム研究所とエアロネクストが4D GRAVITY搭載物流用ドローンの最新試作機を発表

Instagram(インスタグラム)とWhatsApp(ワッツアップ)で米国時間3月19日(日本時間3月20日)、明らかなシステム障害が発生した。この障害は東部標準時午後1時40分(日本時間3月20日3時40)頃に始まり、30分以上続いた。

WhatsAppではサーバーに接続できず、メッセージが配信されなかった。この問題がFacebook Messengerにも影響を与えたかどうかは定かではないが、同アプリは2020年にFacebook(フェイスブック)、WhatsApp、Instagramの間でクロスプラットフォームのメッセージングを可能にする新機能を導入していた。

Instagramではバックエンドサーバーのエラーを示唆する500のメッセージが表示されていた。

WhatsAppのユーザー数は20億人以上、Instagramのユーザー数は約10億人だという。Facebookの開発者ステータスページには、直ちに停止するような表示はなかった。

TechCrunchはこれらのサービスを運営しているFacebook(フェイスブック)に連絡をとったが、すぐには返答がなかった。詳細がわかり次第、続報をお届けする。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:InstagramWhatsAppシステム障害

画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch

原文へ

(文:Zack Whittaker、翻訳:塚本直樹 / Twitter