ハンガリー(国・地域)
Seon(企業・サービス)

ハンガリー生まれのネット詐欺防止プラットフォームSeonが13億円のシリーズAを調達

次の記事

テクノロジー企業たちが予測する(経済の)未来

Seonは、フェイクアカウントなどの詐欺と戦うプラットフォームだ。同社はこのほど、Creandumがリードし、OTP Bankの一部であるPortfoLionが参加したシリーズAのラウンドで1200万ドル(約13億円)を調達した。この投資は、これまでハンガリーで行われたシリーズAの中では相当大きいものとなる。

Seonは詐欺を検出するスタートアップで、顧客の「デジタルフットプリント」から偽のアカウントを見つけて取り除き、偽の取引などの犯行を防ぐ。クライアントにはPatreon、AirFrance、Rivalry、Ladbrokesなどがいる。ローンチは2017年で、同社によると2019年末には黒字になった。ネオバンクやeスポーツ、ゲーム、外為、そしてパンデミックがもたらした急速なデジタル化の中で、仮想通貨の取引などが成長したためだ。

SeonのCEOで共同創業者のTamas Kadar(タマス・カーダー)氏は、声明で次のように述べている。「Creandumが率いる最新の投資ラウンドが完了したことと、Creandumのエキサイティングなテクノロジーポートフォリオに当社が加わったことをとても喜んでいる。私たちは、同じ心を持ち、ともに仕事ができる投資家を見つけたと感じており、今後の密接な協働により、私たちのビジネスのグローバルで有意義な機会を追求し、詐欺との戦いを広く普及させたい」。

CreandumのゼネラルパートナーであるSimon Schmincke(サイモン・シュミンケ)氏は「Creandumで私たちは、サイバー犯罪が21世紀の最も深刻な脅威だと信じている。Seonに私たちが見つけたものは、効果的で安価で柔軟性があり直感的な詐欺撃退ソリューションであり、それは明らかに、そのROIを証明している」と述べている。

PortfoLion Capital PartnersのパートナーであるGábor Pozsonyi(ガーボル・ブラチスラバ)氏は「Seonは基本的に有益なブランドだ。デジタル化の最大のチャレンジに対するソリューションを提供し、そのパートナーのために数億ユーロを救うだけでなく、インターネットを安全な場所にしてくれる」と付け加える。

SeonはEmailageやIovation、Threatmetrixなどと競合しているように思える。しかしながらSeonは、ソーシャルメディアは正当なユーザーとボットやフェイクの詐欺師たちという構造のプロキシであり、同社はソーシャルのアカウントをあくまでも重視して、詐欺師たちの雑草退治をしたいという。

今回の投資ラウンドの一環としてSeonは、株主としての次の投資家たちを取締役会に招聘した。N26の創業者Maximilian Tayenthal(マクシミリアン・タイエンタール)氏とValentin Stalf(バレンティン・スタルフ)氏、SumUpの創業者Stefan Jeschonnek(ステファン・ジェションネック)氏とJan Deepen(ヤン・ディーペン)氏、TideのCEOであるLaurence Krieger(ローレンス・クリーガー)氏、Revolutの元CFOであるPeter O’Higgins(ピーター・オヒギンズ)氏、iZettleの元プロダクト最高責任者Leo Nilsson(レオ・ニルソン)氏、Onfidoの共同創業者Eamon Jubawy(イーモン・ジュバウィ)氏、そしてComplyAdvantageの創業者Charlie Delingpole(チャーリー・デリングポール)氏。

カテゴリー:セキュリティ
タグ:Seon資金調達ハンガリー

画像クレジット:Seon

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Hiroshi Iwatani)