ネットショッピング / eコマース(用語)

eコマースマーケティングのスタートアップ企業Yotpoが約250億円調達、企業価値は約1524億円に

次の記事

インフルエンサーマーケティングのBitStarとフィナンシェがNFT事業で協業開始

直近の資金調達の発表からわずか7カ月後、Yotpo(ヨットポ)はシリーズFラウンドでさらに2億3000万ドル(約250億円)を調達したことを明らかにした。これにより同社の企業価値(資金調達後)は14億ドル(約1524億円)となった。

「今回のラウンドは、私の目から見ると、eコマースの未来を祝福するものです」と、同社の共同創業者でCEOのTomer Tagrin(トマー・タグリン)氏は筆者に語った。「ブランドは、もうマーケティングスタックの接続について心配する必要がありません」。

従来の小売業における成功は「一に場所、二に場所、三に場所」によって決まっていたが、eコマースは「消費者の注目がすべて」だと、タグリン氏はいう。その注目を集めるために、平均的なブランドは10〜14種類のマーケティングアプリケーションを使用しており「かなりひどい体験」をしていると、同氏は推測している。そこで、2011年創立のニューヨークに本社を置くYotpoは、ブランドが必要とするすべてのeコマースマーケティングを、単一の統合されたプラットフォームで提供することを目指している。

これを説明するために、タグリン氏は「例えば、あるマーケターが、過去90日間に商品を購入して5つ星のレビューを残したユーザーだけにカスタマイズされたオファーを作りたいと考えているとします」と説明した。Yotpoでは「ボタンをクリックするだけ」でそれが可能だが「Yotpo以前には、そのような体験は実現できませんでした」と、同氏は述べている。

同社のプラットフォームは現在、Yotpo SMS Marketing、Yotpo Loyalty & Referrals、Yotpo Reviews、Yotpo Visual UGCという4つの主要製品で構成されており、これらは相互に統合されている。また、Shopify(ショッピファイ)、Salesforce Commerce Cloud(セールスフォース・コマース・クラウド)、Adobe(アドビ)傘下のMagento(マジェント)、BigCommerce(ビッグコマース)などのeコマース・プラットフォームとも連携できる。

Yotpoのトマー・タグリンCEO(画像クレジット:Yotpo)

タグリン氏によると、Yotpoには前回のラウンドで得た資金がまだ残っていたが、製品やマーケティングへの投資を継続するとともに、戦略的な買収のために追加の資金を調達することにしたという(同社は2020年初頭にSMSBumpを買収しており、完全な統合に向けて「70%ほど進んでいる」とタグリン氏は述べている)。中でも、カスタマー・コミュニケーションや、カスタマーライフタイムバリュー(顧客生涯価値)の測定に関する新製品の投入を計画しているそうだ。

Yotpoは現在、年間経常収益も1億ドル(約109億円)を超えており、2020年はSMS Marketingの収益が170%増加して、Loyalty & Referralsの収益も約2倍になったという。Patagonia(パタゴニア)やSteve Madden(スティーブ・マデン)などの大手ブランドがこのプラットフォームを利用しているが、Princess Polly(プリンセス・ポリー)のような新しいメーカー直販型ビジネスにも利用されていることをタグリン氏は指摘。全体で3万社の有料顧客を抱えているという。

「私が言いたいのは、Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)は少しずつたくさん切られて死んでいくということです」と、タグリン氏は述べている。「たくさんのミニブランドがあり、それらは既存のブランドに取って代わろうとしている新鋭ブランドです」。

Crunchbaseによると、Yotpoは現在までに総額4億ドル(約435億円)以上の資金を調達している。今回のラウンドは、Bessemer Venture Partners(ベッセマー・ベンチャー・パートナーズ)とTiger Global(タイガー・グローバル)が主導し、Claltech Investment(クラルテック・インベストメント)、Coin Ventures(コイン・ベンチャーズ)、Hanaco(ハナコ)、Vertex Ventures(バーテックス・ベンチャーズ)、Vintage Investment Partners(ビンテージ・インベストメント・パートナーズ)などが参加した。

「Tiger Globalは、小売業の未来を担うeコマースに長年にわたり強気で取り組んでおり、Warby Parker(ワービー・パーカー)やPeloton(ペロトン)などのディスラプター(破壊的)ブランドや、JD.comなどの大手企業、Stripe(ストライプ)やTwilio(トゥイリオ)など最高クラスのSaaS企業に投資してきました」と、Tiger GlobalのJohn Curtius(ジョン・カーティウス)氏は声明で述べている。「統合されたマーケティング技術スタックを提供するYotpoのアプローチと、それによってブランドとオンラインショッパーに提供される価値に、我々は胸を躍らせています」。

関連記事:eコーマス業者が顧客とのより良い関係を構築することを支援するYotpoが約79億円を調達

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Yotpo資金調達eコマースマーケティング

画像クレジット:Christina Reichl Photography / Getty Images

原文へ

(文:Anthony Ha、翻訳:Hirokazu Kusakabe)