ロボティクス
日本(国・地域)
ヤマハ(企業)
ガジェット(用語)

ヤマハがボーカロイド技術・自動作曲技術活用の歌って会話する歌ロボ「Charlie」を5月13日発売

次の記事

女性起業家の輩出目指す、世界最大の女子中高生向けアプリコンテストTechnovation Girlsが日本公式ピッチイベント

ヤマハがボーカロイド技術・自動作曲技術活用の歌って会話する歌ロボ「Charlie」を5月13日発売

ヤマハは、言葉をメロディーにのせて会話するコミュニケーションロボット「Charlie(チャーリー)」を5月13日に発売します。すでに公式Webサイトでの先行予約受付を開始しています。本体価格は2万4800円(税込、以下同)で、別途、月額使用料の490円がかかります。

最大の特徴は、同社のボーカロイド技術や自動作曲技術などを活用し、ユーザーが話しかけるとメロディーにのせて返答できること。具体的には、約30種類の音楽ジャンルに対応し、気分に応じて曲調を変えたり、メロディーに合わせて頭や足を動かしながら会話します。

また、人感センサーを搭載し、自発的に話したり、独り言をつぶやいたりするほか、天気や占い結果なども教えてくれます。時折見せるちょっとした口の悪さも魅力で、会話を重ねることで歌が上達するとのことです。

ちなみに同社が2020年12月に実施した Charlie プロトタイプのモニターアンケートでは、92%の人がCharlieのキャラクター性を気に入り、「ユーザーに気づいて挨拶をしてくれた」「くすっと、笑えるようなことを言ってくれる」などの声が寄せられたそうです。

ヤマハがボーカロイド技術・自動作曲技術活用の歌って会話する歌ロボ「Charlie」を5月13日発売

昨今、新型コロナウィルス感染拡大の防止を目的に、外出自粛やテレワークを促す動きが増えている一方で、巣ごもりによるストレスも急増しているという調査データもあります。Charlie のようなロボットがカウンセラーの役割を担うサービスの登場に期待したいところです。

  • 本体サイズ:105x163x135(幅x高さx奥行き)
  • 重さ:400g
  • 無線LAN規格:IEEE 802.11 b/g/n
  • 周波数:2.4GHz
  • 対応セキュリティ:WEP、 WPA2-PSK (AES)、 Mixed Mode
  • 付属品:ACアダプター、クイックマニュアル、安全上のご注意、「Charlieプラン」登録のご案内

ミクシィ、会話AI搭載ロボを一般販売 「数千万件の言語データ学習」

(Source:ヤマハ、Via:外出自粛によるストレス増(BIGLOBE)Engadget日本版より転載)

関連記事
高さ2mの65型有機ELディスプレイで等身大のAIキャラによる接客実現、Gateboxが法人向け大型召喚装置
日本から来たネコの尻尾つきロボット枕「Qoobo」を使ってみた
家族型ロボット「LOVOT」のGROOVE Xが18億円調達、SOMPOホールディングス・日立GLSと資本業務提携
ソニーの「aibo」、アップデートで賢くなったが値段の割にはイマイチ
「ボカロP」の次は「ロボットP」の時代が来る?
バンダイナムコと北欧スタートアップFurhatが目指す「人間とアニメキャラクターの現実世界での交流」

カテゴリー:ロボティクス
タグ:ガジェット(用語)ヤマハ(企業)日本(国・地域)