ソフトウェア
資金調達(用語)
Ramp(企業)

企業支出管理市場がいくつかのユニコーンを生み出す中、Rampもさらなる資金調達を目指す

次の記事

アートのある暮らしをもっと身近に、NYでアートレンタルサブスク展開の「Curina」が総額8000万円を調達

2021年初めにユタ州に拠点を置く企業支出管理ソフトウェアを提供するDivvyは、16億ドル(約1800億円)の評価額で1億6500万ドル(約180億円)のラウンドを実施した。金融サービスソフトウェアと企業向け決済ソリューションの市場は2020年に始まったブームが2021年も続いたため、Divvyは競合のBrexに続いてユニコーンの地位を獲得した。

そして今回、DivvyとBrexの両方の競合企業であるRampは、StripeとD1 Capital Partnersから10億ドル(約1100億円)を超える可能性のある評価額で新たな資本を調達しようとしている。このニュースを最初に報じたのはThe Informationで、TechCrunchは取引に詳しい関係者に確認した。

Rampは、企業のキャッシュアウトフローの許可、管理、追跡するソフトウェアを提供するAirbaseTeampayなどのスタートアップとも競合している。この分野はスタートアップや他の中小企業にカンパニーカードを提供するというコンセプトでよく知られているが、その後に社内の経費管理のためのセントラルノードを提供する金融ソフトウェア市場に成熟した。

スタートアップへの投資は積極的なペースで行われている。Brexはパンデミック後に1億5000万ドル(約160億円)を調達し、Rampは2020年複数回の資金調達の後に2021年に入って負債枠を追加して財務基盤を強化した。Airbaseも2020年に資金調達を行い、2020年の終わりに向けて成長の指標を公表した。Teampayは2020年、2019年のシリーズAで500万ドル(約5億5000万円)を追加した。

関連記事
企業投資の獲得争いが激化する中、支出管理のRampが約31億円調達
企業投資市場の成長にともないRampがゴールドマン・サックスから160億円の借入枠を確保

さらに企業の財務管理ソフトウェアを開発するフィンテック系スタートアップのモデルが他の市場へと普及する可能性を示す中、この分野でラテンアメリカを中心に活動するスタートアップのClaraは2021年3月初めに350万ドル(約3億8000万円)を調達した。

関連記事:活気づく企業支出管理サービス分野でDivvyが170億円を調達

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Ramp資金調達

画像クレジット:Damien Meyer / Getty Images

原文へ

(文:Alex Wilhelm、翻訳:塚本直樹 / Twitter