人工知能・AI
ノーコード(用語)
名古屋大学(組織)
トライエッティング(企業)
資金調達(用語)

名古屋大学発AIスタートアップのトライエッティングが3.5億円を調達、東急不動産HDと業務提携

次の記事

インターネット広告のOLXが運営するベルリン拠点の中古車マーケットプレイスを閉鎖、中南米・アジアに重点

名古屋大学発AIスタートアップのトライエッティング(TRYETING)は3月30日、第三者割当増資およびデットファイナンス(借入金)による総額約3億5000万円の資金調達を発表した。引受先は、東急不動産ホールディングス(東急不動産HD)が取り組むTFHD Open Innovation Program、エンジェル投資家。デットファイナンスは三菱UFJ銀行から。

また、東急不動産HDグループのDX推進および新規事業創出を目的に、東急不動産HDと業務提携を行ったと発表した。

2016年6月設立のトライエッティングは、多種多様なアルゴリズムを搭載するノーコードAIクラウド「UMWELT」を主とした「知能作業」を自動化する名古屋大学発AIスタートアップ。また自動シフト作成AIクラウド「HRBEST」はじめ、AIを活用した需要予測、在庫生産管理、マテリアルズインフォマティクスなどでも実績を持つという。

東急不動産HDとの業務提携については、UMWELTを活用することで、同グループの様々な業務のDX化およびグループの幅広い事業領域へのAI活用による新規事業創出を目指す。

TFHD Open Innovation Programは、東急不動産HDがベンチャー企業やスタートアップへの支援や協業の体制を充実させ、新たなグループシナジーの創出と渋谷を中心とした街の活性化を加速するために2017年に設立したプログラム。

関連記事

ノーコードビジネスインテリジェンスサービスのy42が3.2億円のシードラウンドを実施
コードレスデータベースのAirtableがシリーズEで約290億円調達、評価額は約6300億円に
ノーコードの自動化ツールZapierがノーコード教育サービスとコミュニティのMakerpadを初めての企業買収で合併
マイクロソフトがExcelの数式からヒントを得たオープンソースの新ローコード言語「Power Fx」発表
ローコードに注力するOutSystemsが1兆円の評価額で158.8億円を調達
コード不要でさまざまなeコマースツールを利用可能にするPipe17が約8.5億円調達
ノーコードのE2Eテスト自動化プラットフォーム「Autify」がモバイルアプリ対応版を提供

カテゴリー:人工知能・AI
タグ:資金調達(用語)トライエッティング(企業)名古屋大学(組織)ノーコード(用語)日本(国・地域)