フィンテック
Tポイント(用語)
住信SBIネット銀行(企業)
銀行(用語)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ / CCC(企業)

CCCのグループ会社Tマネーがスマホで銀行サービスを利用できるネオバンク「T NEOBANK」を開始

次の記事

爆発的な勢いのNFTアートのマーケットプレイス「SuperRare」が約10億円調達

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社Tマネーは3月31日、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK」サービスを利用し、銀行サービスなどをスマートフォンで利用できる「T NEOBANK」(ティーネオバンク)をT会員に向け開始すると発表した。

CCCのグループ会社Tマネーがスマホで銀行サービスを利用できるネオバンク「T NEOBANK」を開始

「T NEOBANK」のサービス概要

  • 申込対象者:満18歳以上の日本国内に居住するT会員
  • 所属銀行:住信SBIネット銀行
  • 基本機能:預金機能(円貨預金、外貨預金など)、決済機能(ATM入出金、振込、振替など)、融資機能(カードローン、住宅ローンなど)
  • 「T NEOBANK」アプリAndroid版iOS版
  • ATMの利用:全国のセブン銀行またはローソン銀行ATMで引き出し可能(ATM利用手数料は月1回まで無料)。キャッシュカードは発行されない。ATM取引にあたってはT NEOBANKのアプリが必要

T会員はT NEOBANKアプリ(Android版iOS版)をダウンロード後、専用の住信SBIネット銀行口座の開設を完了すると、預金、振込や借入といった銀行サービスをアプリで利用可能となる。

また、キャッシュカードに代わってアプリでATMを利用できるほか、銀行取引に応じてTポイントを貯めることができる。このTポイントを使ってスポーツくじの購入や、カードローンの金額指定返済も行えるという。今後、Tポイントを利用できる銀行機能・商品を順次追加していく予定。

CCCのグループ会社Tマネーがスマホで銀行サービスを利用できるネオバンク「T NEOBANK」を開始

CCCのグループ会社Tマネーがスマホで銀行サービスを利用できるネオバンク「T NEOBANK」を開始

関連記事
国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」が事業方針を発表、5月下旬にサービス開始予定
SBIとYahoo!が金融サービスで提携、シングル・サインオンでサービスの相互利用を狙う
スマホからTポイントで株式投資、CCCとSBIが新会社設立――19年春に営業開始へ
ウェルスナビがSBI系金融機関と提携―、1カ月で6000口座増、残高25億円を突破

カテゴリー:フィンテック
タグ:カルチュア・コンビニエンス・クラブ / CCC(企業)銀行(用語)住信SBIネット銀行(企業)Tポイント(用語)Tマネー(企業)日本(国・地域)