Craft(企業)

iOS用ドキュメント作成アプリCraftが約8.8億円調達、ブラウザベースエディターも提供予定

次の記事

メルカリが暗号資産・ブロックチェーン領域参入、新会社「メルコイン」は暗号資産交換業者として申請予定

2020年11月に発表されたばかりのドキュメント作成・共有アプリ「Craft(クラフト)」は、iOS用アプリとしてゼロから構築されたものだが、Creandum(クリーンダム)が主導するシリーズAラウンドで、800万ドル(約8億8300万円)の資金を調達した。このラウンドにはInReach Ventures(インリーチ・ベンチャーズ)や、Skyscanner(スカイスキャナー)の共同設立者で元CEOのGareth Williams(ガレス・ウイリアムズ)氏をはじめとする多くのテック系起業家(その多くは元Skyscanner)が参加した。

現在、iOS、iPadOS、MacOS用に提供されているCraftは、2021年にいくつかのAPIや拡張統合、そしてブラウザベースのエディターの提供を開始する予定だ。Notion(ノーション)と同じような製品になることを目指しており、同社の創業者でCEOを務めるBalint Grosz(バリント・グロス)氏は、Zoom(ズーム)のビデオ通話で次のように筆者に語った。「NotionはライティングやWikiなどに非常に重点を置いています。私たちの製品にはNotionから多くのユーザーがきていますが、私たちは主に文章によるコンテンツを扱う人々にとって、より良いソリューションを提供できると信じています。Notionは、データベースや構造的なコンテンツに非常に強く、人々は図らずもそれ以外のものにも使っているだけなのです。製品が似ていることもあり、ユーザーからは非常に強力な競争相手として見られていますが、両者の市場が重なることはあまりないと思います。現時点では、外部にNotionから我々の製品に乗り換える人がいて、そういう人々が競争相手として認識しているようです」。

これはアプリの体験そのものよりも「階層化されたコンテンツ」によるものだとグロス氏はいう。「私たちの製品は、ノートの中にノートを作ることができる構造を持っています。つまり、テキストの塊ごとにコンテンツを追加し、スタイルをナビゲートして、その中に追加していくことができます。Notionも同様です。これは他の多くの製品にはない機能であり、それが当社とNotionが比較される最大の理由です」。

Craftは、Notionに対する主な優位性として、UX、データの保存とプライバシー(Craftはオフラインファーストで、リアルタイムの同期とコラボレーションが可能。iCloudのようなサードパーティーのクラウドサービスも利用できる)、他のツールとの統合を挙げている。

グロス氏は、以前在籍していたDistinction(ディスティンクション)がSkyscannerに買収された後、同社のモバイル戦略を担当していた。

CreandumのゼネラルパートナーであるFredrik Cassel(フレドリック・カッセル)氏は、声明の中で次のように述べている。「最初に話し合いを持った時から、ユーザーがCraftに寄せる愛情の大きさと、美しさとパワフルさを同時に兼ね備えた製品を作るチームのユニークな能力の両方に感銘を受けました。今後予定されているコネクティビティやデータアクセシビリティに関する機能は、Craftを競合製品とは一線を画したものにするはずです」。

CraftのiPad用アプリ(画像クレジット:Craft)

InReach Venturesの共同創業者であるRoberto Bonanzinga(ロベルト・ボナンジンガ)氏は、次のように付け加えた。「何百万人もの人々が自分の考えを構成し、最も効果的かつ美しく書き留める方法を再発明するという、バリントのビジョンの明快さと大胆さに魅了されて、私たちはCraftに迷わず投資しました」。

Craftの起ち上げと資金調達は「Skyscanner マフィア」のようなものが出現していることを示唆している。Skyscannerは、2016年に中国最大の旅行会社である現在のTrip.com Group(トリップドットコム・グループ)、当時のCtrip(シートリップ)に17億5000万ドル(約1934億円)で買収された。

その他の支援者には、元SkyscannerのCPOでGoCardless(ゴーカードレス)のCTPOだったCarlos Gonzalez(カルロス・ゴンザレス)氏、元Skyscannerの戦略担当VPだったFilip Filipov(フィリップ・フィリポフ)氏、元Dorsai(ドルサイ)のCEOでTravelPerk(トラベルパーク)のCPOであるRoss McNairn(ロス・マクナイアン)氏、元Apple(アップル)のテクノロジー&パートナー・マネージャーだったStefan Lesser(ステファン・レッサー)氏、元Skyscannerの技術責任者でShapr3D(シェイパースリーディー)のエンジニアリング担当VPであるAcos Kapui(アコス・カプイ)氏などがいる。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:CraftアプリiOSmacOSiPadOS資金調達テキストエディター

画像クレジット:Craft

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Hirokazu Kusakabe)