ハードウェア
Snapdragon(製品・サービス)
Qualcomm / クアルコム(企業)
Windows 10(製品・サービス)
Arm(企業)

価格約11万円、レノボがARMベース「Snapdragon 8c」搭載Windowsノート「IdeaPad 4G」を4月9日発売

次の記事

ウェブのオープンソースインフラストラクチャの公平化に1.4億円の助成金

価格約11万円、レノボがARMベース「Snapdragon 8c」搭載Windowsノート「IdeaPad 4G」を4月9日発売レノボ・ジャパンは、ARMベースの「Snapdragon 8c」プロセッサ搭載Windows 10ノートPC「IdeaPad 4G」を4月9日に国内発売します。本体価格は税込10万9780円です。

「IdeaPad 4G」は、14インチ 1920 x 1080解像度の液晶ディスプレイを搭載したモバイルノートPCです。本体は1.2kgと比較的軽量で、出先にラクラク持ち出せます。

プロセッサにはARMベースのクアルコム Snapdragon 8cを採用し、最大21時間(公称値)の長時間バッテリー駆動に対応。ファンレス設計でファンの音が気になることもありません。

標準でLTE通信にも対応。SIMカード(nanoSIM)を挿入することで、Wi-Fiに繋がずに、モバイルネットワークを経由してインターネットに接続できます。

主な仕様は下記の通りです。

【Lenovo IdeaPad 4G:主な仕様】

  • OS:Windows 10 Home 64bit(日本語版)
  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 8c
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
  • ディスプレイ:14.0型 FHD(1920×1080)
  • 通信方式:3G WCDMA 1,2,4,5,8 /
    4G FDD-LTE 1,2,3,4,5,7,8,11,12,13,14,18,19,20,21,25,26,28,29,30,32,66,71 /
    4G TDD-LTE 34,38,39,40,41,42,46,48
  • インターフェース:USB 3.0 Type-C×2(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)、 USB 3.0(Powered USB)、SIMカードスロット(nanoSIM)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • バッテリー駆動時間:最大約21.0時間(JEITA2.0)
  • 本体寸法:約321.7×207.0×14.9mm
  • 本体質量:約1.2kg

スマホCPU搭載のWindowsノートPC拡大へ、Snapdragon 8c / 7c発表

(Source:レノボ・ジャパンEngadget日本版より転載)

関連記事
Appleシリコン「M1」MacでLinux直接起動を目指す「Asahi Linux」、独自ブートローダーm1n1開発
Chromebookの2020年出荷数がコロナ禍の需要増により前年比2倍以上に
新型MacBook AirはApple M1を搭載しバッテリー効率向上、10万4800円から
​新型13インチMacBook Proは新M1チップ搭載し、13万4800円から
ArmベースのSQ2プロセッサを搭載する高速なSurface Pro Xが登場、新x64エミュレータも11月に提供予定
画面がちょっと大きくなったSurface Go 2はWindows PCサブ機の有力候補

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Arm(企業)Windows 10(製品・サービス)Qualcomm / クアルコム(企業)Snapdragon(製品・サービス)Lenovo / レノボ(企業)日本(国・地域)