未公開株式投資会社KKRがクラウドコンテンツ管理のBoxに546.8億円の命綱を投入

次の記事

植物性由来肉のBeyond Meatが中国に初の生産工場を開設

Box(ボックス)は、未公開株式投資会社のKKRが同社に5億ドル(約546億8000万円)を投資したと発表した。アクティビスト投資家(物言う投資家)のStarboard Valueからの圧力に苦しむクラウドコンテンツ管理会社を救う行動だ。

同社はこの資金を「オランダ式オークション」と呼ばれる方法で、オークションで決められた価格で一部の投資家から株式を買い戻すために使用する計画で、2021年5月に次の決算を報告した後実施する予定だ。そこには、2019年に同社株式の7.5%を取得したStarboardからの買い上げも含まれていると思われる。

2021年3月にReuters(ロイター)が報じたところによると、Starboardは6月のBox取締役会で、役員の過半数を専有しようとしている。その結果Starboardは何らかの行動を起こすことが可能になり、売却を強いる可能性が高い。

ここから何が起きるかははっきりしないが、この現金によってBoxはStarboardの攻撃から逃れられる可能性があり、KKRの関与によって長期的展望が可能になる。BoxのCEOであるAaron Levie(アーロン・レヴィ)氏は、今回の動きはBoxの方針に対するKKRの信任票であると考えている。

「KKRは世界有数のテクノロジー投資家として、当社の市場に深い造詣があり、企業と手を組んで価値を生み出し成長を促進してきた確実な実績があります。同社の支援を受け、私たちはクラウドコンテンツ管理分野をリードするBoxの地位をいっそう確かなものにし、全世界の顧客に価値を提供し続けていきます」。

契約条件の一環として、KKRの米国テクノロジー未公開株式責任者のJohn Park(ジョン・パーク)氏がBoxの取締役に就任する。また同社は、社外取締役のBethany Mayer(ベサニー・メイヤー)氏を5月1日付けで取締役会会長に任命することも発表した。

2021年2月、Boxは電子署名のスタートアップSignRequest(サインリクエスト)を買収し、市場拡大に向けて一連の新たなワークフローを提供しようとした。KKRの出資によって、黒字キャッシュフローのBoxが、将来に向けたプラットフォーム拡大の新たな一歩を踏み出すことは不合理であるとはいえなくなった。

Boxの株価は時間外取引で8%以上下落しており、おそらくこれはウォール街がこの発表をあまり喜んでいない証だが、この現金流入はBoxに、リセットして再び前進するための猶予を与えるだろう。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:BoxKKR投資

画像クレジット:Three Images / Getty Images

原文へ

(文:Ron Miller、翻訳:Nob Takahashi / facebook