モビリティ
Samsung / サムスン(企業)
Rivian / リビアン

電気自動車RivianがSamsung SDIとバッテリーセル供給で提携

次の記事

気候変動重視の個人投資家向け投資アプリを発表したClim 8が7pc Venturesから8.8億円調達

Amazon(アマゾン)が支援し2021年後半の市場投入を目指している電気自動車メーカーのRivianは、バッテリーセルのサプライヤーとしてSamsung SDIと提携したことを米国時間4月12日に発表した。

両社は買収金額や期間を明らかにしていないが、Rivianが同日に発表した声明の中で、Samsung SDIとは「車両開発プロセス全体を通じて」協力してきたと述べている。

Rivianは同社が「アドベンチャー・ビークル」と呼ぶ「R1T」ピックアップと「R1S」SUVは、極端な温度や耐久性の必要なユースケースに対応できるバッテリーモジュールとバッテリーパックが必要だと指摘した。

Samsung SDIはすでに他の自動車メーカーにバッテリーセルを供給している。2019年、同社はBMWグループと32億ドル(約3500億円)で10年間の供給契約を結んだ。

RivianのRj Scaringe(R・J・スカーリンジ)CEOは声明の中で「Samsung SDIのバッテリーセルの性能と信頼性を、私達のエネルギー密度の高いモジュールとパックの設計と組み合わせることに興奮しています。Samsung SDIのイノベーションとバッテリー材料の責任ある調達能力は、私達のビジョンとよく一致しています」と述べている。

関連記事:RivianがEVピックアップトラック生産開始に向け2753億円調達

カテゴリー:モビリティ
タグ:RivianバッテリーSamsung SDI電気自動車

画像クレジット:Rivian

原文へ

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:塚本直樹 / Twitter