ネットサービス
日本(国・地域)
Magic Moment(企業)
Sales Tech / セールステック / 営業
資金調達(用語)

顧客エンゲージメントのノウハウを可視化しアクションを提案する営業支援SaaSのMagic Momentが6.6億円調達

次の記事

ブルーオリジンが4月14日の打ち上げで「宇宙飛行士リハーサル」を実施、有人宇宙飛行にまた一歩前進

Magic Moment(マジックモーメント)は4月13日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資と借入による総額約6億6000万円の資金調達を発表した。引受先は、既存投資家であるDCMベンチャーズ、DNX Ventures。借入先は三井住友銀行および日本政策金融公庫。調達した資金により、営業・プロダクト・開発を中心とした組織の強化に加え、他社SaaSとの連携など様々な機能を開発する。

2017年3月設立のMagic Momentは「すべての企業が、顧客との関係性を根拠にした、正しい経営判断ができる世界をつくる。」というビジョンを掲げ、エンタープライズ向けに、営業支援SaaS「Magic Moment Playbook」を提供。2020年11月にβ版、2021年1月に正式版を提供開始している。

Magic Moment Playbookは、「顧客エンゲージメントの向上が顧客価値最大化につながる」という考えのもと、営業プロセスや顧客エンゲージメントを可視化し、最適なアクションを提案するクラウドサービス。営業チームにおける過去の成功事例をもとに、「導入を決定するために電話しましょう」「決裁の状況を確認するためにビデオ会議をしましょう」といった提案を行うことで、顧客エンゲージメントおよび顧客価値最大化を支援する。

また、CRM(顧客管理)やMA(マーケティングオートメーション)との連携を通じてリアルタイムで情報を同期し、それぞれのツールをより効率的かつ効果的に利用できるようになるという。さらに、Magic Momentの人員を導入企業の営業メンバーとして派遣し、顧客エンゲージメントを起点とした営業組織づくりやオペレーション設計などを企業内部から支援する。

顧客エンゲージメントのスキル・ノウハウを可視化しアクションを提案する営業支援SaaSのMagic Momentが6.6億円調達

導入企業は、旧来の獲得型から顧客エンゲージメントを起点とした組織・オペレーション設計を実現できるほか、属人的になりがちなスキルを平準化し、成約率アップにつなげられるという。現在、LINE、旭化成、USENグループなどが導入し、リードから顧客獲得までの転換率が10.2倍になったという効果が出始めているとした。

関連記事
コロナ禍で著しく変化した「インサイドセールス/オンラインセールス カオスマップ2021」が公開
Magic Momentが顧客起点の営業成果貢献ツール「Magic Moment Playbook」をリリース
レブコムがオンライン商談の会話をAIにより解析・可視化する新サービス「MiiTel Live」開始
AIが営業トークを自動解析し“売れるトーク”との違いを提示、コグニティが1.9億円を調達
地図と連携したモバイルCRMで“訪問営業”を最適化、セールステックのUPWARDが5.5億円調達

カテゴリー:ネットサービス
タグ:資金調達(用語)Sales Tech / セールステック / 営業Magic Moment(企業)日本(国・地域)