Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)
ガンダム(製品・サービス)
エンターテインメント(用語)

ネットフリックスが「ガンダム」を実写映画化、「キングコング:髑髏島の巨神」のロバーツ監督がメガホン

次の記事

京大発スタートアップのバイオームがいきものコレクションアプリ「Biome」投稿数100万件突破記念イベント開催

ネットフリックスが「ガンダム」を実写映画化、「キングコング:髑髏島の巨神」のロバーツ監督がメガホン

Gundam Factory Yokohama

Netflix が『ガンダム』シリーズの実写映画を独占配信します。ガンダムが長編映画として実写化されるのはこれが初めて。

制作はレジェンダリーが手掛け、監督は『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツが担当します。実写映画版『ガンダム』はネットフリックス配信に加えて、中国ではレジェンダリーが劇場公開する計画。

ネットフリックスが「ガンダム」を実写映画化、「キングコング:髑髏島の巨神」のロバーツ監督がメガホン

Jordan Vogt-Roberts

脚本はブライアン・K・ヴォーン。マーベルやDCほかアメリカンコミックスのストーリー執筆で受賞多数のほか、オリジナルの『Saga』ではヒューゴー賞も獲得したライターで、Lost などテレビシリーズの脚本も手掛けています。ヴォーンは映画プロデューサー ケール・ボイターとともに製作総指揮にも名を連ねます。

ネトフリ / レジェンダリー実写ガンダム映画のストーリーやキャスト、舞台設定等はまだ非公開。「ガンダムユニバース」の実写長編映画になるとされているのみで、オリジナルのガンダムを含む多くのシリーズが含まれる「宇宙世紀」ものになるのか、独自の世界観になるのか、あるいは西暦なのか正暦なのか未来世紀なのかAC、AW、CE等々なのかも分かりません。

(仮に本流の宇宙世紀だったところで、テレビ向け実写作品の『G-SAVIOUR』(ジーセイバー)も宇宙世紀なのでどうなるか分かりませんが)。

ネットフリックスが「ガンダム」を実写映画化、「キングコング:髑髏島の巨神」のロバーツ監督がメガホン

©創通・サンライズ

映画の配信・公開時期についても現時点では発表なし。

まだまだ分からないことばかりですが、ネトフリにとっては世界市場に向けてガンダムシリーズを拡大させる役割の作品であること、レジェンダリーにとっては当然中国国内で失敗しないのが重要であることを考えると、日本人のガンダムファンにとっての共有知識を前提とした作品や、年表のスキマに押し込むような作品になる可能性は低そうです。

動く実物大ガンダムは夜も素敵

ガンダム仕様のPepper君が接客するコラボカフェに行ってみた

About Netflix – Jordan Vogt-Roberts To Direct Live-Action Film Adaptation Based On Iconic Gundam Universe

(Source:NetflixEngadget日本版より転載)

関連記事
ネットフリックスとソニー・ピクチャーズが映画の公開後独占配信契約を発表、2022年以降作品対象
ネットフリックスが東宝スタジオの2棟を複数年貸借、国内実写作品の制作能力を強化
Netflix作品がアカデミー賞35部門でノミネート、「マンク」は10部門
現代パリが舞台のNetflix「ルパン」はひねりが効いておもしろい
Netflixの世界の有料会員が2億人超え、好成績を受け株価が急上昇
主要ストリーミングコンテンツ横断調査の結果、2020年人気1位は「ジ・オフィス」
Netflix「クイーンズ・ギャンビット」が記録破りの大ヒット中

カテゴリー:ネットサービス
タグ:映画(用語)エンターテインメント(用語)ガンダム(製品・サービス)Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)Legendary Pictures(企業)