Google Earthが2017年以来「最大のアップデート」、37年間の地球の変化を3Dタイムラプスで

次の記事

日本初、アーティストの発電所から再エネ電気が買える「アーティスト電力」をみんな電力が始動

Google(グーグル)は米国時間4月15日、Google Earthのアップデートを行い、過去37年間に撮影された2400万枚の衛星写真をまとめたTimelapse(タイムラプス)モードを新たに追加した。そして……それだけだ。Googleによると、誰もがおそらく存在すら忘れていたGoogle Earthにとって、2017年のリデザイン以来最大のアップデートだという。

ちなみに、Google Earthはその後、大きな新機能のアップデートを行っていない。だから自動的にデフォルトで、これは久しぶりに行われたEarthの最大のアップデート、といえるだろう。なお、Google Earthのタイムラプスは数年前にローンチされていたが、専用サイトからのアクセスで2Dのみだった。それが今回は3Dになった。地球の37年間の推移を見ることができる、エキサイティングな(それか氷河や熱帯雨林を見た場合は、実に気が滅入る)5分間だ。

関連記事:Google Earthで誰でもストーリーやマップを作れるようになった

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:GoogleGoogle Earthタイムラプス

画像クレジット:Google

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Aya Nakazato)