モビリティ
Rivian / リビアン(企業)

電動トラックRivianga全米40州で自社保険プログラムを立ち上げ

次の記事

個人向けニュースレターサービスのSubstackが地元ジャーナリストに約1億1000万円の資金提供を発表

電動トラックのスタートアップRivianは、米国時間4月15日木曜日にRivian Insuranceプログラムの詳細を発表した。この保険は、同社のデジタル注文プロセスに統合される予定だ。

この保険は当初、40の州で提供される予定だ。「アドベンチャー・ビークル」企業としてのRivianのマーケティングに沿って、顧客は自宅やボート、ダート・バイク、キャンピングカーなどのレクリエーション設備をカバーするオプションもある。同社が保険プログラムを開始するという計画は、1年以上前に求人広告が発見されて初めてリークされた。

この保険サービスが際立っているのは、Rivian車両プラットフォームとDriver+セーフティスイートの統合だ。同社はブログ記事の中で、この統合により「カスタマイズされたデータベースの補償」を提供できると述べている。Rivian Insuranceを選択した顧客には、Driver+の割引料金が適用される。ドライバーはさらに、RivianのActive Driver Assistanceソフトウェアを使用することで割引を受けることができる、別のプログラムも選択できる。

これは、2021年後半に初の電動ピックアップを市場に投入することを計画しているRivianにとって、賢明な動きだ。Tesla(テスラ)と同様に、RivianはRivian Collision CenterとService Centerですべての作業を自社で行うことで、顧客がシームレスな保険プログラムに魅力を感じるようになると考えているようだ。Rivian Insuranceはベテランに続く新規参入者の一例だが、実は大きな利点がある。なぜなら、Tesla Insuranceが利用できるのはカリフォルニア州のオーナーだけだからだ。

関連記事
電気自動車RivianがSamsung SDIとバッテリーセル供給で提携
新興EV企業のRivianが2023年末までに全米に1万基以上の充電器を設置すると発表

カテゴリー:モビリティ
タグ:Rivian保険カリフォルニア電気自動車トラック

画像クレジット:Rivian

原文へ

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:塚本直樹 / Twitter