ニュース
SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)
ソーシャルメディア(用語)
パキスタン(国・地域)

パキスタンが一時的にソーシャルメディアをブロック中

次の記事

カプコンが「バイオハザード4」をOculus Quest2向けにリリース、詳細は日本時間4月22日発表

TechCrunchが確認した政府発行の通知とユーザーによると、パキスタンは複数のソーシャルメディアサービスを一時的に遮断したという。

パキスタン政府は、パキスタン電気通信庁に対し「Complete Blocking of Social Media Platforms(ソーシャルメディアプラットフォームの完全なブロック)」と題して、Twitter、Facebook、WhatsApp、YouTube、Telegramといったソーシャルメディアプラットフォームを、現地時間の4月16日午前11時から午後3時(日本時間4月16日午後3時から午後7時)までブロックするよう命じた。

この動きは、パキスタンが暴力的なテログループを取り締まり、数日間にわたる暴力的な抗議活動の後、トラブルメーカーが金曜日の礼拝集会を混乱させないようにするための措置だ。

地元メディアの報道によると、パキスタンは今週初め、イスラム教団体「Tehrik-i-Labaik Pakistan」のリーダーを逮捕した後、同組織の活動を禁止した

パキスタンのある企業家がTechCrunchに語ったところによると、この命令は現地時間の午後3時に失効することになっているが、過去の政府の同様の動きを見ると、混乱はもっと長く続く可能性があるという。

パキスタンは隣国のインドと同様に、過去に一時的に国内の電話回線を遮断したことがあるが、パキスタン政府が国内のソーシャルメディアを全面的に禁止したのは今回が初めてだ。

パキスタンは近年、国内で運営されているデジタルサービスのコンテンツをより厳しく管理する方法を模索している。一部の活動家は、パキスタンがあまり説明せずに極端な措置を取っていると述べた。

関連記事:パキスタンが「不道徳で好ましくない」動画であることを理由にTikTokを再び禁止に、3300万人の市場を失うか

カテゴリー:ネットサービス
タグ:パキスタンソーシャルメディアSNS

画像クレジット:AAMIR QURESHI / AFP / Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Katsuyuki Yasui)