バイオハザード(製品)

カプコンが「バイオハザード4」をOculus Quest2向けにリリース、詳細は日本時間4月22日発表

次の記事

服を着たままAI身体推定採寸を行える「Bodygram」が健康保険組合向け健康増進アプリに採用

カプコンが「バイオハザード4」をOculus Quest2向けにリリース、詳細は日本時間4月22日発表

Capcom / Oculus

カプコンは4月16日、バイオハザード関連の情報を提供する「バイオハザード・ショーケース|April 2021」をYouTubeで配信。その中で、バイオハザード4をOculus Quest 2向けにリリースすると発表しました。詳細は、日本時間4月22日7時から開催されるOculus Gaming Showcaseで発表するとのことです。

VRゲームイベント「Oculus Gaming Showcase」が4月21日にオンライン開催

バイオハザード4といえば、それまでのバイオハザードの特徴であった固定視点のラジコン操作から、キャラクター越しのビハインドビュー、ようするに三人称視点に変更するなどシステムを刷新。現在でも高い評価を受けている作品です。

発表の中で、Facebook RealityLabsのコンテンツ担当副社長Mike Verdu氏は「一人称視点によって没入感が加わることで、新たな面白さとさらなる深みをもたらし、初めてゲームの中の世界へ足を踏み込むことができる」とその出来に自信を見せていました。

なお、開発にはカプコンのほか、Armature StudioとOculus Studioも協力しているとのことです。

バイオハザードのVRといえば、バイオハザード7がPS VRに対応していましたが、こちらはもとから一人称視点。三人称視点のバイオハザード4が、VRでの一人称視点になることでどのような変化が起こるのか、いまから楽しみなところです。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(Source:OculusCapcom(YouTube)Engadget日本版より転載)

関連記事
フェイスブックがOculus Questにソフトウェアサブスクリプションプランを導入
間もなく登場するOculus Quest 2はPCの無線ストリーミングに対応し仮想オフィスも実現
PS VR向け「Doom 3:VR Edition」が3月29日発売、PS4とPS5でプレイ可能
Oculus QuestでFacebook Messengerが利用可能に、承認前のコンテンツを提供するApp Labの導入も

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Oculus Quest (製品・サービス)仮想現実 / VR(用語)カプコン / Capcom(企業)バイオハザード(製品)Facebook / フェイスブック(企業)