GymKit

ホームフィットネスPelotonがアップルの「GymKit」との統合に懸念を表明

次の記事

日本のVC「サムライインキュベート」がアフリカのスタートアップ向けに20億円超のファンドを組成完了

サードパーティ製ハードウェアの統合は、厄介なものだ。Pelotonは同社の「Bike Bootcamp」プログラムのApple GymKitとの互換性を取りやめ、ユーザーの眉をひそめさせた。当然のことながら、ユーザーはすぐに反応した。この状況は、Appleが最近Fitness+でホームエクササイズ市場に参入したことへの直接的な反応なのか、という疑問を抱かせるものだ。

Pelotonの広報担当者はTechCrunchに対して「Apple GymKitは、器具を使った有酸素運動と連動するように設計されています。しかし、Pelotonは最近、筋力と有酸素運動を組み合わせた複合的なクラスタイプであるBike BootcampにGymKitを実装しましたが、この機能はサポートしていません。会員の方は、GymKitを使ってBike+からサイクリングのみのワークアウトをApple Watchに同期することができます」と述べている。

このコメントは、GymKitの初期実装における大きな問題の1つを反映しているようだ。Appleのプログラムはジムを念頭に置いて設計されており、特定の運動器具を使用している。つまりトレッドミル上の統合機能を使用すると、Apple Watchはランニングの指標を追跡するようになる。自転車で使えば、サイクリングをトラッキングする。

Bike Bootcampのようなプログラムは、重量挙げのようなものを加えて複雑なものになっている。今回の実装は、GymKitの導入に関するサードパーティのガイドラインに沿っていない可能性が高い。Pelotonのオーナーにとってより大きな問題は、GymKitがPelotonの標準的なバイクとBike+を区別する主な要素だったことだ。この2つの製品には500ドル(約5万4000円)の価格差がある

しかし、少なくとも今のところ、両社が協力することは、双方にとってプラスになると考えられる。Appleは独自のフィットネスプラットフォームを持っているかもしれないが、Pelotonは巨大な存在であり、それはApple Watchのユーザーと大きく重なっている可能性がある。GymKitはジムを念頭に置いて開発されたかもしれないが、この1年、人々はあまりジムに足を運ばなくなっており、業界が完全に立ち直ることはないだろうという予想もある。

Pelotonにとっては、スマートウォッチというカテゴリーを完全に支配している企業とうまくやることは、きっと幸福につながるだろう。

関連記事:Pelotonがエクササイズバイク上位モデルBike+とトレッドミルTreadを発売、価格はいずれも約26万円

カテゴリー:ヘルステック
タグ:PelotonAppleフィットネス

画像クレジット:Peloton

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)