ハードウェア
Apple / アップル(企業)

アップルがMagic KeyboardにTouch IDを搭載

次の記事

新型iMacがついに高画質なウェブカメラを搭載

Apple(アップル)は米国時間4月20日、同社が設計したM1チップを搭載した新しいカラフルなiMacを発表した。また、アップルはこの機会を利用して新しいMacアクセサリーをリリースしている。複数のカラーオプションを用意したMagic TrackpadとMagic Mouseに加えて、新しいMagic KeyboardではデスクトップMacでTouch IDが利用できる。

デスクトップでのTouch IDは、期待どおりに機能する。キーボードの右上には指紋センサーが用意されている。これは既存のアップル製キーボードにある、イジェクトキーに代わるものだ。これによりコンピュータのロック解除、Apple Payでの支払い、パスワードマネージャーのロック解除などができる。

興味深いことにTouch IDはワイヤレスで動作するため、LightningケーブルでキーボードをMacに接続する必要がない。キーボードには専用のセキュリティコンポーネントが組み込まれている。そしてM1のSecure Enclaveと直接通信するため、M1チップを搭載した最新のMacでしか動作しない。この新しいTouch IDのセキュリティ実装は興味深い。

【Japan編集部】8コアCPU・8コアGPUの新しいiMacはTouch ID搭載Magic Keyboardが同梱されるが、8コアCPU・7コアGPUのモデルでは、従来のMagic Keyboardが同梱される。

画像クレジット:Apple

関連記事:新型iMacがついに高画質なウェブカメラを搭載

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleAPPLE SPRING HARDWARE EVENT 2021iMacApple M1キーボードTouch ID

画像クレジット:Apple

原文へ

(文:Romain Dillet、翻訳:塚本直樹 / Twitter