アップルがM1チップ搭載iPad Proを5月後半発売、12.9インチが12万9800円から、11インチは9万4800円から

次の記事

大麻関連企業に融資を行うBespoke Financialが約8.7億円調達

Apple(アップル)は米国時間4月20日、Apple M1チップ搭載iPad Proを発表した。直販価格は、11インチ・Wi-Fiモデルが税込9万4800円から、12.9インチ・Wi-Fiモデルが税込12万9800円から。4月30日から注文可能となり、5月後半に販売を開始する。

アップルがM1搭載iPad Proを5月後半発売、12.9インチが税込12万9800円から11インチは税込9万4800円から

  • 11インチ・Wi-Fi:128GB版9万4800円(税込)、256GB版10万6800円、512GB版13万800円、1TB版17万8800円、2TB版22万6800円
  • 11インチ・Wi-Fi+Cellular:128GB版11万2800円(税込)、256GB版12万4800円、512GB版14万8800円、1TB版19万6800円、2TB版24万4800円
  • 12.9インチ・Wi-Fi:128GB版12万9800円(税込)、256GB版14万1800円、512GB版16万5800円、1TB版21万3800円、2TB版26万1800円
  • 12.9インチ・Wi-Fi+Cellular:128GB版14万7800円(税込)、256GB版15万9800円、512GB版18万3800円、1TB版23万1800円、2TB版27万9800円

12.9インチモデル

新しいiPad Proは、8コアCPU・8コアGPU・16コアNeural EngineのApple M1チップを採用。従来のiPad Proと比べCPUは最大50%パフォーマンスが向上、GPUは最大40%向上しているという。メモリーは、128/256/512GBストレージ搭載モデルが8GB、1/2TBストレージ搭載モデルが16GBとなっている。

アップルがM1搭載iPad Proを5月後半発売、12.9インチが税込12万9800円から11インチは税込9万4800円から

ディスプレイとしては、最大解像度2732×2048ピクセル(264ppi)のLiquid Retina XDRディスプレイを採用。色域はDCI-P3準拠。コンテンツの動きに合わせて自動調整を行うProMotionテクノロジーによりリフレッシュレート最大120Hzに対応。最大輝度600nit(フルスクリーンの最大輝度1000nit、ピーク輝度1600nit)。周囲の光環境に合わせてディスプレイのホワイトバランスを動的に調整するTrue Toneもサポート。

1万個以上のミニLEDを利用したバックライトにより100万:1のコントラスト比を実現したという。2596のローカルディミングゾーンに画面を分割し、表示コンテンツに応じて各ゾーンの輝度を正確に調整しているそうだ。

アップルがM1搭載iPad Proを5月後半発売、12.9インチが税込12万9800円から11インチは税込9万4800円から

背面カメラとしては、1200万画素および絞り値f1.8の広角カメラ、1000万画素および絞り値f2.4・視野角125度の超広角カメラを搭載。前面には、TrueDepthカメラとして、1000万画素および絞り値f2.4、視野角122度の超広角カメラを採用している。カメラ類は、すべてスマートHDR 3をサポートしている。

TrueDepthカメラでは、センターフレーム機能により、被写体がフレームの中心から外れないように自動で水平方向に調整(パン)する。またビデオ通話時などに他の人がフレーム内に入ると、自動ズームイン・ズームアウトを行うとしている。

無線機能は、Wi-Fi 6(11ax)対応。またWi-Fi+Cellularモデルは5G通信に対応しており、nano SIM(Apple SIM対応)とeSIMを利用できる。センサーは、Face ID、LiDARスキャナー、3軸ジャイロ、加速度、気圧計、環境光を採用。

接続端子としては、DisplayPort、Thunderbolt 3およびUSB 4対応のUSB Type-Cコネクターを採用。本体カバーにもなる薄型キーボード「Smart Keyboard」および「Smart Keyboard Folio」を利用可能。このほかBluetooth 5.0をサポートしている。また、Apple Pencil(第2世代)を利用できる。

アップルがM1搭載iPad Proを5月後半発売、12.9インチが税込12万9800円から11インチは税込9万4800円から

サイズは280.6×214.9×6.4mm。重量はWi-Fiモデルが682g、Wi-Fi+Cellularは684g。バッテリー駆動時間は、最大10時間(Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生)。またWi-Fi+Cellularモデルの場合、携帯電話データネットワークでのインターネット利用時は最大9時間としている。

11インチモデル

11インチモデルは、最大解像度2388×1688ピクセル(264ppi)のLiquid Retinaディスプレイ採用。最大輝度は600nit。ProMotionテクノロジー、True Toneなどをサポート。色域はDCI-P3準拠。

サイズは247.6×178.5×5.9mm。重量はWi-Fiモデルが466g、Wi-Fi+Cellularは468g。バッテリー駆動時間は、最大10時間(Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生)。またWi-Fi+Cellularモデルの場合、携帯電話データネットワークでのインターネット利用時は最大9時間としている。

この他の仕様は、12.9インチモデルと共通。

画像クレジット:Apple

関連記事
新iPad ProもApple M1チップ搭載
アップルが「Spring Loaded」で発表した新製品まとめ、新iMac、iPad Pro、AirTagなど

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Apple / アップル(企業)APPLE SPRING HARDWARE EVENT 2021Apple M1iPad(製品・サービス)