ハードウェア
Apple / アップル(企業)
iPhone(製品・サービス)

これが美しいパープルのiPhone 12

次の記事

自分に合った治療情報を得られる不妊治療データ検索アプリ「cocoromi」正式リリースのvivolaが3000万円調達

春になると、Apple(アップル)は新色を発表する。新しいiMacは深みのあるパープルなど7種類の色が提供される。またラインアップの刷新として、同社はパープルのiPhone 12とiPhone 12 miniもリリースした。手元にプレビュー機があるのだが、側面はバイオレットに近く、また背面はライラックに近いすばらしい色だ。

これはすばらしい色だ。私の意見では、これまでに発売されたiPhone 12の中で最も良い色だと思う。アップルがこのパープルの新色を発表したのは、iPhone 12 miniを愛用している人たちに向けて「心配しないでください、まだしばらくは使えますよ」といっているようにも思える。しかし逆にいえば、しばらくはこのバージョンのminiしか手に入らないという兆しなのかもしれない。もしかしたらこれは私の深読みで、単に「できるから」春の購入者に新しい選択肢を提供しているのかもしれない。いずれにしても、デザインやファッションの世界でブームとなっている「ミレニアル・パープル(ライラック)」というトレンドにマッチした、すばらしいスマートフォンだ。同社の色彩理論チームは常にトレンドに敏感なのは、以前から変わらない。

またアップルはパープルのシリコーンケースもリリースしており、このモデルを引き立てている。

iPhone 12 miniの実力を知りたい方は、2020年末のレビューを参照して欲しい。

ここでは、パープルのiPhone 12 miniの美しい写真をいくつか紹介しよう。

  1. IMG_0852

  2. IMG_0858

  3. IMG_0857

  4. IMG_0854

  5. IMG_0855

  6. IMG_0856-2

  7. IMG_0853-2

関連記事:iPhone 12 miniレビュー、小型ながら主要機能に省略がない近年最高のコスパモデル

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleiPhone

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Matthew Panzarino、翻訳:塚本直樹 / Twitter