高機能なポッドキャスト録音プラットフォームRiverside.fmが約10億円調達

次の記事

産業や気候変動モニタリングで重要な赤外線と熱放射を観測する衛星画像のSatellite Vuが5.4億円調達、2022年に衛星打ち上げへ

2020年はさまざまなレベルで働き方を変えた。ポッドキャスターも例外ではなかった。ついでながらにいうと、長らくポッドキャスターである者として、筆者はインタビューすべてを直接顔を合わせて行うという長年の主張において敗北を認めた。理由は明らかだろう。

2020年は多くの番組がリモート形態になり、Zoomのような広範な遠隔会議ソフトウェアからZencasterのようなあつらえのソリューションまで、さまざまなリモート録音ツールを試した。テルアビブ拠点のRiverside.fm(もともとはアムステルダム生まれ)はリモート・ポッドキャスティングの波に乗ろうと、時宜を得て事業を開始した。そして現地時間4月22日、950万ドル(約10億円)のシリーズAを発表した。

本ラウンドはSeven Seven Sixがリードし、Zeev-ventures.com、Casey Neistat(ケイシー・ナイスタット)氏、Marques Brownlee(マーケス・ブラウンリー)氏、Guy Raz(ガイ・ラズ)氏、Elad Gil(エラッド・ギル)氏、Alexander Klöpping(アレクサンダー・クロッピング)氏が参加した。Riverside.fm(リバーサイド・エフエム)は調達した資金を従業員の採用とサービスの機能拡張に使う計画だと話している。

「多くの人がリモートワークを受け入れざるを得なくなり、制作チームは対面でのものと同じ質を提供するのに苦労しました。GideonとNadavはクリエイターの大きな需要を満たすだけでなく、並外れたプロダクトを構築することにチャンスを見出しました」とSeven Seven Sixの創業者であるAlexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)氏は声明で述べた。「自分自身クリエイターとして、Riversideの質は無比のものであり、新しい編集能力は他に2つとない、と経験から言えます」。

Riverside.fmは、ロスレスオーディオと4Kビデオのトラックをリモート録音するリモートビデオ・オーディオのプラットフォームで、むらのあるインターネット接続からくるテクニカル上の問題のために起こる結末を回避できる。

資金調達とともに、同社はプラットフォームで多くのソフトウェアアップデートを展開している。その最たるものがiPhoneアプリの新規バージョンだ。アプリではすぐにビデオを録画してアップロードでき、多くのユーザーがモバイルデバイスで録画することを模索している中ですてきなエクステンションだ。

デスクトップでは「Magic Editor」が録画、編集、アップロードの複数のステップのプロセスを簡素化する。スピーカーを自動的に切り替える「Smart Speakerview」というビデオ編集のための新しい機能もある。この機能ではくしゃみや咳といったアクシデント的なノイズでスピーカーが切り替わることはない。

この分野はますます過熱するばかりだ。Riverside.fmがいかにすばやく元々のサービスを継ぎ合わせることができたかを考えると、同社が調達した950万ドルで何ができるのか、今後が楽しみだ。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Riverside.fm資金調達ポッドキャスト

画像クレジット:Riverside.fm

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Nariko Mizoguchi