カスタマージャーニー
Adobe Experience Cloud(製品・サービス)

Adobeは新しいシンプルなデジタル資産管理ツールをローンチ

次の記事

AmazonがFireタブレットの新ラインアップとキッズモデルを発表、ワイヤレス充電対応版も

Adobe(アドビ)は米国時間4月27日、新しい資産管理ツールAdobe Manager Essentials(マネージャー・エッセンシャルズ)のローンチを発表した。舌を噛みそうな名前だが、Adobeに言いやすい名前を考える気があったのか否かは別として、そもそもこれは膨大なデジタル資産を利用するチームに、現行のAdobeの企業向け資産管理ツールよりも簡単な、Adobe Experience Cloud(エクスペリエンス・クラウド)の使い勝手を提供しようというアイデアから生まれている。

またAdobeは、この新しいエクスペリエンスを統合した最初のツールもローンチした。Adobe Journey Optimizer(ジャーニー・オプティマイザー)だ。この新ツールは、顧客データからカスタマージャーニーを構築し、それに沿ってメッセージやコンテンツを提供するための最善の方法を探す手助けをするというものだ。

「この取り組みは、デジタルコンテンツとその豊かで魅力的なエクスペリエンスの構築に向けたものであり、顧客が望んでいたものです」と、Adobeの戦略および製品マーケティング・ディレクターのElliot Sedegah(エリオット・セデガ)氏は私に話した。「ほぼすべてのインタラクションにおいて、人は豊かなエクスペリエンスを期待します。それは単に画像や動画など豊かな素材を手に入れた時点のみならず、顧客とインタラクションするあらゆる時点においても求められます。そこを重視することで、顧客の側も単にブランドとインタラクションするというより、それをカスタマージャーニーとして感じ取れるようになります。同じコンテンツを、アウェアネスからコンバージョン、さらにはポストセールスやロイヤリティまで使う。人は同じストーリーが続いて欲しいと願うのです。しかし、すべてのタッチポイントでそれを行うのは、次第に困難になってきています」。

画像クレジット:Adobe

同等の製品もあるが、要は、コンテンツのクリエイターとそれを使用するチームのための中央集中型の協働的スペースを築こうということだ。その点で言えば、この新しいツールは、他社が提供する共有オンラインファイルの管理サービスとそう大きく変わるものではない。だがAdobeは、そこにいくつか独自の能力を盛り込んだ。例えば資産の分類とタグづけを支援するAIとAdobe Sensei(センセイ)プラットフォームの導入だ。それにより検索がうんと楽になる。またこの新ツールには、Adobe Asset Link(アセット・リンク)が統合され、プロのコンテンツクリエイターは、資産の検索、内容確認、さらには作業の流れを変えることなく、Photoshop、Illustrator、InDesign、XDでダイレクトに編集することができる。

セデガ氏が指摘していたとおり、少し前までは、コンテンツ制作とその管理作業に携わっていたのは、ほとんどが制作部門とマーケティング部門だけだった。しかし今では、そこにセールスやマーケティングなどの担当者も含まれるようになり、その傾向はパンデミックでさらに加速された。

画像クレジット:Adobe

「私たちの顧客は、ビジネスモデルの再考と、顧客との関わり合い方の再考を迫られてきました。そして基本的にそれが、あらゆる場面での顧客体験のデジタル化を早め、顧客はますます企業にスピード感を求めるようになり、そのコンテンツを活用する人や仕事の数も増えました」。

そのため、これまでのAdobeの企業向け資産管理ツールはよくできてはいたのだが、ユーザーからクリエイティブツールとの相性を良くして欲しいとの要望があり、同社は資産管理技術を、より多くの人が、さらに簡単に使えるものに作り変えた。

この新しい資産管理エクスペリエンスに直接統合された最初のツールが、Journey Optimizerだった。「これは、顧客が提供したかったユーザーエクスペリエンスについて、そしてそれを簡便化することについて、再考するよい機会となりました」とセデガ氏。「コンテンツジャーニーを構築するとき、または顧客がブランドにエンゲージするときに送られるようなコンテンツをデザインするとき、デジタル資産がクリエイターの目の前に現れて、利用できるようになります」。

次に統合されるのが、2020年にAdobeが買収した作業管理プラットフォームWorkfront(ワークフロント)だ。Adobeの資産管理技術とWorkfrontの計画の管理、プロジェクトの各工程の審査と承認、同様の資産管理システムとの間には、明らかに相乗効果がある。

だがAdobeは、このエクスペリエンスをすべてのExperience Cloudアプリケーションに統合する長期戦略を立てている。

関連記事:Adobeがマーケティングワークフロー管理のWorkfrontを約1600億円で買収

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:AdobeAdobe Experience CloudAdobe Manager Essentials

画像クレジット:Karen Blumberg (flickr.com/specialkrb) / Getty Images

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:金井哲夫)