TikTokが米国に続き欧州に「透明性」センターを設置、専門家に取り組みを開示

次の記事

カナダのリーガルテックClioが約119億円を調達しユニコーンに

TikTok(ティックトック)は米国時間4月27日、コンテンツモデレーションやレコメンデーション、プラットフォームセキュリティ、ユーザープライバシーに同社がどのように取り組んでいるかを外部の専門家に示すセンターを欧州に設置すると発表した。

欧州Transparency and Accountability Centre(TAC、透明性・説明責任センター)は2020年の米国センター開所に続くもので、米国同様、同社の「透明性へのコミットメント」の一環と位置づけられている。

米国TACを発表してすぐにTikTokは米国でコンテンツ・アドバイザリー・カウンシルも設置した。そして2021年3月に異なる複数の専門家で構成される同様のアドバイザリー機関を欧州にも設けた。

関連記事:TikTokがコンテンツ管理改善のため欧州に安全諮問委員会を設置

そして今、欧州TACを設置することで米国におけるアプローチを完全に再現している。

これまでに専門家や議員など70人以上がバーチャルの米国ツアーに参加した、とTikTokは述べた。このツアーでは参加者はTikTokの業務の詳細を学び、安全性やセキュリティに関する慣行について質問することができる。

ショートビデオのソーシャルメディアサイトであるTikTokは近年、人気が高まるにつれ、コンテンツポリシーや所有構造をめぐって厳しい視線が注がれてきた。

TikTokが中国テック大企業の所有で、かつ中国共産党が定めるインターネットデータ法の対象となっていることから、米国における懸念は主に検閲のリスクとユーザーデータのセキュリティについてだった。

一方、欧州では議員や当局、市民社会が子どもの安全とデータプライバシーに関する問題などを含む幅広い懸念を提起してきた。

2021年初めに注目を集めたケースでは、TikTokでコンテンツチャレンジに参加していたとされているイタリアの少女の死を受けて、同国のデータ保護当局が緊急介入した。その結果、TikTokはイタリアのプラットフォームで全ユーザーの年齢を再度チェックすることに同意した

関連記事
TikTokが欧州で消費者、子どもの安全、プライバシーに関する訴えを受ける
「失神チャレンジ」による少女死亡事件でTikTokのイタリア当局への対応に注目

同社は、現在も続く新型コロナウイルスパンデミックのために、欧州TACがバーチャルで取り組みを開始すると述べた。しかし同社が欧州本社を置くアイルランドに実際のセンターを2022年に開所する計画だ。

欧州の議員らは最近、コンテンツレコメンデーションエンジンなどを含むAIシステムのアカウンタビリティーをさらに強調するため、デジタル法案に一連のアップデートを提案した。

欧州委員会が先週提示したAI規制の草案は、有害となり得る方法で人々の行動を操作するためのAIテクノロジーにおける潜在意識の使用の全面禁止も提案している。例えば自殺賛成のコンテンツやリスクのある問題を暗示的に展開することで自傷するようユーザーをそそのかすコンテンツレコメンダーエンジンなどが禁止の対象となる(草案には、違反した場合の罰金はグローバルの年間売上高の最大6%と盛り込まれている)。

欧州TACはレコメンデーションテクノロジーに関する詳細な洞察を提供する、とTikTokが明示したのは非常に興味深い。

「TikTokのチームがコミュニティのためにプラットフォームをポジティブで安全なエクスペリエンスにしようとしている取り組みを専門家、研究者、議員が確認する機会をセンターは提供します」と同社はプレスリリースに書いている。そして専門家は、同社が「TikTokコミュニティを安全なものにし続ける」ためにどのようにテクノロジーを使っているか、訓練されたコンテンツレビューチームがコミュニティガイドラインに基づいてコンテンツに関しどのように決断を下しているか「モデレーションの取り組みを補完する人間のレビュワーが潜在的なポリシー違反を見つけるためにテクノロジーを使っている方法」について知見も得る、としている。

EUのAI規制草案にはまた、人工知能のハイリスクな適用を人間が監視するという要件が盛り込まれている。規制の草案にある一連の現在のカテゴリーを考えた時、ソーシャルメディアプラットフォームが特定の義務に従うかどうかは不透明だ。

しかしAI規制は、プラットフォームにフォーカスした欧州委員会の規則制定の1つのピースにすぎない。

欧州委員会は2020年末、プラットフォームにデューデリジェンスを義務づけるDSAとDMAのもと、デジタルサービス向けのルールに広範なアップデートを提案した。そしてアルゴリズムを使ったランキングやヒエラルキーを説明するよう大手プラットフォームに求めている。そしてTikTokはおそらく義務の対象となる。

ブレグジットで現在はEU外となっている英国もまた2021年中に提示することになっている独自のOnline Safety regulationに取り組んでいる。つまり、数年のうちにTikTokのようなプラットフォームが欧州で遵守すべき、コンテンツにフォーカスした複数の規則制度ができる。そして外部専門家にアルゴリズムをみせることは、ソフトなPRではなく厳しい法的要件となりそうだ。

関連記事:2021年提出予定の英国オンライン危害法案の注意義務違反への罰金は年間売上高10%

声明の中での欧州TACの立ち上げについてのコメントで、TikTokの信頼・安全責任者のCormac Keenan(コーマック・キーナン)氏は次のように述べた。「欧州中に1億人超のユーザーを抱え、当社はコミュニティと広く社会の信頼を得るための責任を認識しています。当社の透明性・説明責任センターは、TikTokを喜び、クリエイティビティ、楽しみのための場所にし続けるために当社が展開しているチームやプロセス、テクノロジーを人々が理解できるようにする過程において次のステップです。すべきことがたくさんあるのは理解していて、待ち受けている困難を積極的に解決していくことに前向きです。当社のシステムをさらに改善できるよう、欧州中から専門家を迎え、率直なフィードバックを聞くことを楽しみにしています」。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:TikTokプライバシー個人情報ヨーロッパEU

画像クレジット:Sean Gallup / Getty Images

原文へ

(文:Natasha Lomas、翻訳:Nariko Mizoguchi